マイクロビーズの粒子は洗顔などの後に下水管を通って処分される。だが微粒子のために下水処理施設のフィルターなどを通り抜けてしまい、そのままの形で自然界に流されてしまうという。そして湖や池、海などに流れつくのだ。

出典世界を読み解くニュース・サロン:世界が販売禁止に乗り出す、“つぶつぶ入り洗顔料”の何が危険なのか (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

フィルターを通り抜けるほどの微粒子!?そもそも肌への負担はなかったのか少し不安になりますね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【マイクロビーズ不使用】角質ケアでつるつる肌【オーガニックコスメ】

アメリカで2017年7月1日から段階的に使用を禁止する法案が可決された「マイクロビーズ」入りのスクラブケア商品。「マイクロビーズ」不使用で肌にも地球にもやさしい角質ケアアイテムを紹介します。

このまとめを見る