1. まとめトップ

コスモ・アレキサンドレ Cosmo Alexandre

国籍:ブラジル
生まれ:1982年4月24日(34歳)
階級:70~77
身長:185cm
所属ジム:Blackzilians
スタイル:ムエタイ

Lion Fight、スーパーミドルウエイト王者
W5、-71 kgトーナメント2014王者
WMC、S1 King's Cupトーナメント2009王者
Evolution 17、King's Cup予選トーナメント王者
WMCインターコンチネタル王者
It's Showtime -77kg王者

ブラジルサンパウロ出身で、幼い頃からサッカーをしていたが、19歳でムエタイを始め、プロのキャリアをスタートさせると、たちまち国内最強の選手へと上り詰めた

ブラジル国内最強以上の強さを求め、単身タイに渡り、本場のムエタイの技術を習得、WPMFや、WMC等のムエタイタイトルを次々と獲得していく

2008年エンフュージョンリアリティーの前身番組と言える、イッツショータイムリアリティーにエントリー、順調に勝ち進んでいき、決勝でセム・ブラーンと対戦したが、判定負けで準優勝

その後ショータイムと契約を交わし、タイからオランダ、マイクスジムへと移り住む

2009年8月、強豪が集まるEvolution 17 Super 8トーナメント優勝、同年12月、タイの強豪が集まるキングズカップトーナメントを優勝、その勢いのまま翌年3月、スーパーリーグで最強と呼ばれていたドミトリー・シャクタをTKOで破り、イッツショータイムの-77kgタイトルを獲得した

一度だけ防衛戦を行ったが、その後契約違反をおかし、イッツショータイムのタイトルを剥奪される

MMAに挑戦する為、2011年にオランダからアメリカに拠点をうつす

2011年8月にべラトールと契約を交わし、10月1日にMMAデビューを果たした

ファイトスタイルは、高めのガードを保ちながら、本場ムエタイ仕込みの多彩な蹴り技と、マイクスジム仕込みの重たいパンチを合わせたようなスタイル

手数は少ないが、一発の打撃が重たく、破壊力抜群で、2009年から2010年までの間はKOを量産していた

手数が少ない分、印象点で負ける事も多い

試合動画

最新の試合を上にもってきています

VS タン・シャオフェン(中国)

VS ダリル・シットマン(オランダ)

VS ルオ・チャン(中国)

VS アーテム・パシュポリン(ロシア)

VS フリオ・ドミンゲス(アルゼンチン)

VS ジョン・ウェイン・パー(オーストラリア) 3

VS マルコ・ピケ(オランダ、スリナム)

VS レギャン・エールセル(オランダ)

VS マルコ・ピケ(オランダ、スリナム)

VS アレクサンドル・シュルツコ(ロシア)

VS ジャバル・アスケロフ(ロシア) 2

W5トーナメントの一回戦 年を重ね、実績を積み重ねてきたアスケロフと再戦

VS ジョー・ナタウット(タイ)

1 2 3 4 5





rerekonさん

70キロ付近のキックボクシングの選手の紹介http://matome.naver.jp/odai/2145537198268339301
そして、K-1MAX関連の選手もまとめていきます

このまとめに参加する