1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

札幌圏を含めて全区間が赤字…JR北海道大変なことになってる

JR北海道は29日、管内の全14路線30区間の2014年度の収支状況を公表した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年01月30日

10 お気に入り 32050 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○JR北海道、14年度は全線赤字

JR北海道は29日、管内の全14路線30区間の2014年度の収支状況を公表した。

JR北海道は道内のすべての路線の収支を明らかにし、全区間で赤字となっていることを報告しました。

これは道が地域の公共交通機関のあり方を話し合うために開いた検討会でJR北海道が明らかにしたものです。

○札幌圏を含めて全区間が赤字

直接的な運行費用だけでなく、本社・支社の管理部門の費用を加えると、人口が集中する札幌圏を含めて全区間が赤字だった。

JRは「都心でも鉄道経営は厳しい」としており、安全対策強化に向け、不採算路線の廃止など合理化の地ならしをする狙いがあるとみられる。

2014年度は乗客数の多い札幌圏も含め、全ての路線が営業赤字で、黒字の路線はなかった。

除雪費用のことも考えるとそもそもJR北海道の普通運賃表が九州を下回っているはおかしいし、往復割引含め全区間10円~30円ほど値上げするべきかもしれない。それだけでもかなりのプラスかと思うが。

○鉄道事業の厳しい実態が浮き彫りに

赤字額が大きいところでは、函館線の函館駅と長万部駅の間で42億円あまり、根室線の帯広駅と釧路駅の間で32億円あまりにのぼっています。

都市部で利用者の多い函館線小樽―札幌間などの札幌圏も26億円の赤字で、鉄道事業の厳しい実態が浮き彫りになった。

JR北海道の小山俊幸常務は会議で「各線区の収支は大変厳しい。(橋梁など)土木構造物も老朽化し、大規模な更新が必要になる」などと強調した。

JR北海道にこれで設備投資やら安全対策〜とかいっても金がねーよとしかならないなこれ

○全体の3割超の駅で利用者が1日10人以下

管理部門の費用を加えた営業係数は、16年度中に廃止の見通しの留萌線留萌―増毛が最も高い4554円。

また、全体の3割超の駅で利用者が1日10人以下にとどまることも示した。

同区間を含む7区間が100円稼ぐのに千円以上の費用をかけており、うち6区間は輸送密度が500人未満だった。

JR北海道の駅の3割が1日の乗客10人以下ってやばくないか

○このニュースについてネットでも話題になっている

今JR北海道ってどうやって会社を維持してるんでしょうね。不動産とかでしょうか。

JR北海道をただ批判するってのは無責任。北海道の鉄道網の多くが、もう維持できないんだよ。

JR北海道が全線赤字の件、安易に社員の待遇を批判するような輩が出ないことを祈る。赤字は構造的問題であって、社員の努力不足とか社員の待遇を下げれば改善するとかの話じゃないから。

1 2