1. まとめトップ

南アフリカの経済が自動車産業で成り立ってる事が意外と知られてない件

ドイツの高級車メーカー、BMWは11月16日、南アフリカ工場に30億ランド(約515億円)を投資し、次世代の『X3』の生産に ... 南アフリカ・ロスリン工場では現在、『3シリーズセダン』を生産。2014年、6万8771台の3シリーズセダンを生産した。

更新日: 2019年02月19日

4 お気に入り 13543 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

q6600esさん

5,400万人の人口を擁し、3,710億米ドルに達するGDPを産出する南アフリカは、アフリカ経済圏において最も成熟した市場と見なされています。同国は政治的に安定しており、自己資本の充実した銀行システムを有し、天然資源も豊富で、インフラと法制度が整い、先進的な研究開発環境と大規模な工業生産基盤を確立しています。

Meet South Africa > Cape Town


南アフリカのランドマーク テーブルマウンテン
テーブルマウンテン、と言えば南アフリカを代表するランドマークとして国際的にも広く知られていますが、ここには思わず息を呑むほどの絶景や自然との触れ合いが体験できるハイキングコースが数多く存在することを知る人は多くありません。マザー・シティーと呼ばれるケープタウンの中心にそびえ立つテーブルマウンテンはトレッキング愛好家の楽園でもあり、新・世界の自然七不思議のひとつとして興味深い事実も数多く存在しています。

出典e-food.jp

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから、国を代表する首都はプレトリアと認知されている。

かつては有色人種に対する人種差別で知られ、
それはアパルトヘイトと呼ばれる1994年までの
合法的な政策によるものであった
金やダイヤモンドの世界的産地であり、
民主化後の経済発展も注目されている
アフリカ最大の経済大国であり、
アフリカ唯一のG20参加国である。
2010年のGDPは3544億ドル(約30兆円)であり
神奈川県とほぼ同じ経済規模である。

などとステレオタイプの南アフリカが独り歩きしてますが

南アフリカの新車市場は、まもなく過去最高となる72万台を突破するとみられています。また、アフリカ諸国で富裕層や中間層が台頭していることから、アフリカ市場向けの自動車輸出の拠点として、将来ますます重要性を帯びていくと思われます。自動車メーカーは相次いで設備投資を拡大させています。工場の生産ライン拡張や、アフリカ最大級の補給部品供給センターの開設などがみられます。

ドイツの高級車メーカー、BMWは2月26日、南アフリカ工場における累計生産台数が100万台に到達した、と発表した。

BMWは1973年、初の海外生産拠点として、南アフリカ・ロスリンに工場を開設。以後、BMWは着々と、海外に生産ネットワークを構築し、現在では世界14か国に、30の工場を構える。

記念すべき累計生産100万台目の車両となったのは、『3シリーズセダン』。この1台のラインオフを、同工場の従業員が祝福した。同工場製の3シリーズセダンは、世界市場へ出荷。

南アフリカ・ロスリン工場では2014年、6万8771台の3シリーズセダンを生産。従業員の総数は、およそ2900名。間接雇用を含めると、4万3000名以上を数える。

ヨハネスブルクのビジネス街。
高級車も目立つ進出している企業からは、労働争議が一番の課題として挙げられています。南アフリカでは91年にアパルトヘイト法が全廃されるまで、主要な労働力である黒人に対して賃金が抑制されていました。このため所得格差は未だに根深い問題になっています。労働者は賃上げを求めて、数週間にわたるストライキを繰り広げることもあります。

トヨタ自動車、日産自動車、フォルクスワーゲン、ダイムラー、BMW、ゼネラルモーターズ、フォード・モーターの7社。が進出してる

出典https://www.jetro.go.jp/world/africa/za/mission2014.html

ドイツの自動車大手、ダイムラーは5月15日、新型メルセデスベンツ『Cクラスセダン』の生産を、南アフリカ共和国のイーストロンドン工場で開始した。
今回、ドイツのブレーメン工場に続いて、南アフリカ共和国のイーストロンドン工場からも、新型Cクラスセダンがラインオフ。新型は世界4工場で組み立てられることになっており、米国のタスカルーサ、中国の北京の両工場でも、順次生産が開始される予定。

南アフリカ共和国のイーストロンドン工場でCクラスセダンが生産されるのは、今回で4世代目。同工場製のCクラスセダンは2000年から、右ハンドル市場への輸出を開始。2007年からは、左ハンドル仕様を米国に出荷してきた。

南アフリカでは、世界の主要自動車メーカー7社(注)が現地生産しています。日系ではトヨタ自動車と日産自動車が現地に工場を構え、地元の雇用創出や人材育成に大きく貢献しています。部品メーカーでは、ブリヂストン、デンソー、キャタラー、トヨタ紡織など、20社近くが進出しています。現地サプライヤーへの技術指導や生産設備投資への支援などが継続して行われており、地場企業も育ってきています。

南アフリカが「アジアに於ける日本」に成る日が来るか

次の国を自動車が右側通行か左側通行かでグループ分けしなさい 右側通行:ベトナム、韓国、中国、アメリカ、ブラジル、ドイツ、ロシア 左側通行:日本、インド、南アフリカ共和国、タイ、イギリス、オーストラリア、マルタ 画像を参考までに pic.twitter.com/kdrQTEPb6Z

Ads by Yahoo! JAPAN
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、協業するDICV社のインド・オラガダム工場で生産した中型トラック「FA」を南アフリカにて販売を開始した。

MFTBCは2002年以来、大・中・小型トラックを南アに投入しており、2002年からはダイムラーAGの100%子会社であるメルセデスベンツ サウスアフリカ(MBSA)が販売を担当している。

公共交通機関の未整備、発達した道路網、国内の中産階級の成長、自動車ローンの利便性の高さ、近年の国内経済成長などを背景としている。

他のアフリカ諸国において、極度に古い自動車がいまだ活躍中の国が多い中、南アフリカでは新車が多く走っており、またよく整備されている。

中型セダンの需要が基本的には高いが、アフリカの大自然を満喫できる四輪駆動(4×4、フォーバイフォー)や、所得格差の大きい経済状況を反映して高級車もかなり人気があるのが南アフリカだ。

BMWやベンツなどの高級車やレクサスは南アフリカの道路でしばしば見掛けられる。

現在、トヨタは南アフリカ自動車販売市場の24.1%のシェアを占め、長年トップセラーの座を守っており、1961年以来南アフリカにおける事業を拡大し続けている。

トヨタ南アフリカ」は、現在南アフリカのダーバンに工場を立地し、一万人ほどの地元従業員を雇用している。

南アフリカで「ダーバンといえばトヨタ」というほど、地元に根付いた企業としての存在感が強く、従業員教育や地域の教育レベルを上昇させるための教育者養成プロジェクト、奨学金授与、児童福祉といった幅広い分野での地域社会事業にも力を入れており、南アフリカ国民から尊敬・支持される大企業の一つである。

南アフリカは商用車の総需要がアフリカにおいて近年最も高く、同社の戦略的市場の一つ。ふそうブランドの車両は、既にケニヤ、タンザニア、ザンビアなどのアフリカ諸国に2013年より導入しており、高い耐久性と燃費性能で評価を得ている。今回、中型トラック「FA」を展開することで、南アフリカでのさらなるシェア拡大を目指す。

【自動車おもしろ広告】 アウディさん、2006年の南アフリカのカー・オブ・ザ・イヤー受賞おめでとうございます! 2006年 ”世界”カー・オブ・ザ・イヤー受賞のBMWより。 pic.twitter.com/RveUQVVrLA

BMW、南アで小型SUV「X3」生産へ (2015年11月17日(火) 南アフリカ、米国) BMWは16日、今後数年間で南アフリカのロスリン(Rosslyn)工場に60億ランド(約515億円)を投資、次世代の小型SUV「X3」の生産準備を開始すると発表。 世界的なSUVの販売好調

1 2