1. まとめトップ
  2. カラダ

ズボラでも壁があればできるよ!ウォールシットトレーニングとは?

海外で話題のウォールシットトレーニングです。気軽に取り入れやすい運動なので短時間でも〇〇しながらもできちゃいます。ズボラさんにおすすめです!

更新日: 2016年10月27日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
811 お気に入り 79445 view
お気に入り追加

トレーニングしたいけど、器具も時間もないなぁ…

スポーツによっても練習時間はまちまちだが、生活時間を上回ることはないだろう。何がいいたいかというと、練習場だけがトレーニングじゃないってこと。日常生活の場だってトレーニングなんだってこと。

最近 寒いからランニングしてへんけど、家の中ではトレーニングしてる ❣

家の中でもトレーニングできますね!

そんな時は海外で話題のトレーニング方法があります

海外を中心に今注目を集めつつあるエクササイズがあります。それが”ウォールシット”です。

海外ではとてもスタンダードなトレーニング法です!“ながら”でも出来るので、忙しい女性にもおすすめ。

壁のウォール(wall)に座るシット(sit)壁にもたれて行うフィットネスなんです!

壁さえあればできるこのエクササイズ、実はスクワットと同じ効果があると言われています。

〇〇しながらズボラにできるよ!

気軽に何かをしながら運動もできるウォールシット。じわじわ下半身を鍛えましょう!!

洗濯などをしながらの、”ながらエクササイズ”も可能。1回あたり30秒前後でできるので、手軽です。

出典locari.jp

洗濯ものしながら…トレーニング!

ずぼらさんにもおススメのトレーニング。なぜならウォールシットなら、トレーニングしながら作業ができるから!

歯磨きしながら、ドライヤーしながら、洗濯ものを畳みながら、本を読みながらでも可能です♪

歯磨きしながら、ちょっとトレーニングしちゃお!

基本は壁(ウォール)を使っての運動です

背中をぴったりと壁につっつけ、膝が90度に曲がるような体勢を維持します。

下半身の大きな筋肉を鍛えることができ、空気椅子状態で姿勢をキープすることで、腹筋と背筋も使います。

背中を壁に付けて立った状態から、太ももが床と平行になるように下へスライドし、腹筋と背筋に力を入れてキープ。

足を肩幅に開き、壁から足を60cmほど離します。

膝が地面と平行になるように、見えない椅子に座っているようなポーズです。

背中はしっかりと壁につけておきましょう。
上下運動がない分スクワットより手軽ですよ!

ポーズを20~60秒間保持します。太ももの筋肉は約20秒後から燃焼し始めるためです。

背中を壁につけ、空気椅子の状態でキープをすることで下半身と体幹を鍛えるものです。

20秒以上キープ!がんばれ~!

ちょっと慣れきたら、腕や足に負荷をかけて!ステップアップ

ダンベルをお持ちなら、それを活用するのも1つです。この時、腕や体が壁に沿ってまっすぐになるように心がけましょう。

二の腕のたるみにいいよ。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう