1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

学校の用務員さんがシャベルで描く『雪かきアート』が可愛い

ロシアの中学校の校庭に出現する『雪かきアート』がInstagramで話題となっています。

更新日: 2016年03月18日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
295 お気に入り 229316 view
お気に入り追加

◆冬の時期になると様々な『雪アート』が話題になるが…

雪面に「ナスカの地上絵」的な模様が出現…

もしかして…校庭???

◆学校の用務員のおじさんがシャベルで描いた「雪かきアート」がネットで話題になっている。

ロシアのある中等学校の用務員さんは、雪が降ると仕事の合間に子供達へ素敵なプレゼントを用意してくれる。

そこに描かれていたのは、夫婦らしき人物ふたりと、大きな木、さらに一頭の馬車。物語のワンシーンのよう…

イソップ童話の『キツネとツルのごちそう』をモチーフにしたのだろうか。水墨画のような筆使いが味わい深い。

こちらは、大きな花と蝶のアート。赤いジャケットを着て箒をもって写っているのがsemenbukharinさん。

◆一体、どんなおじさんなの?

用務員さんの仕事で一番大事なのは学校の敷地内をきれいにすること。その仕事の合間に製作しているとのこと。

校庭に積もった雪をMyシャベル&ほうきだけで巨大なスノーアートを描く。

彼はもともとキャンバスや画用紙に絵を描いていたが、子供たちの笑顔が見たくて雪かきアートを始めたという。

学校の生徒からはもちろん大人気!

◆作品の発想もなかなかスゴイ!

駐車場のタイヤ痕を活用した作品も

雪面が海原に変身!船の上で男性が両手を広げている。

なんとこの作品は雪の中に南国のモチーフ。椰子の木の生い茂る熱帯をキリンとぞうが歩いてゆく。

もちろん、子どもたちは大喜び! 校庭に新しいアートが完成すると、窓から身を乗り出して作品の鑑賞会がはじまるそう。

雪が降ると学校へ行くのも億劫になりますが、こんな楽しみがあったら学校へ行くのが楽しみになります。

1





世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。



  • 話題の動画をまとめよう