出典 2t-mujica.c.blog.so-net.ne.jp

黒い招き猫

近代以前の日本では「夜でも目が見える」等の理由から、

「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛の象徴とされ、

黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。

江戸時代には、黒猫を飼うと労咳(結核)が治るという迷信のほか、恋煩いにも効験があるとされた

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る