1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

offcourseさん

最近のリップルの値動き

そもそも仮想通貨って何?

まず通貨として成り立たせるには「数に限りがあること」、「社会が価値を認めていること」、「信用があること」という条件が揃う必要があります。

ビットコインも採掘量が決まっていますが、リップルも決まっています。
仮想通貨は上限を決めているとことで、価値が生まれるのです。
これは、金・銀も同様で、もし無限に存在していたら価値は無いです。

リップルコインとは?

ドルや円、ユーロなどの既存通貨、ビットコインなどの仮想通貨、航空会社のマイルやゲームのポイントなどの「価値」をグローバルでやり取りできるようになる。

まず前提として、リップルは新しい仮想通貨を導入すること自体は目的にはしていない。重要なのは、例えばVISAのような運営機関に頼らずに、P2Pで決済を行えるようにすることだ。

リップルが決済システムをより良いものにすればするほど、通貨であるXRPの需要も高まる

Rippleは基本的にすでに限界値まで生産されていて後は取引で利用者間を行き来するだけと考えてよさそうです(情報がまだ少ないです)。

ブリッジ通貨って何?

rippleの世界では、BRL→XRP→THBという変換がなされる。XRPに対してそれぞれの通貨がレートを持っていれば、XRP経由で、どれとも交換できるということだ。これがブリッジ通貨の意味である。

リップルを運営するリップルラボに出資している企業

rippleの価格の変動要因

要る人が多ければ値段は上がりますし、要らない人が多ければ多いほどに値段は下がります

株や為替と同じように取引(トレード・売り買い)のバランスによって各取引所(ゲートウェイ)で値段は上下します。

株式市場や為替、FXなどでは売りから仕掛けて値下がりすれば利益となる空売りといった方法がありますが、リップル(XRP)の取引においては現在のところ採用されていません。

プラス要素として、近々大手クレジット会社アメリカ大手銀行が仮想通貨リップルコイン( Ripple)のネットワークに参加を表明するのではないかという情報が、既に仮想通貨リップルコイン( Ripplew)を所有する人たち、ビジネスとして仮想通貨リップルコイン(Ripple)を扱う人を中心に、発信されている。

マイナス要素として、仮想通貨リップルコイン( Ripple)は仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)とは異なり、親会社に権利が集中する中央集権的なやり方で、現在日本ではMLM的な手法が用いれられている。又、XRPを保有したとしても、実際の取引量が上がってこないと、仮想通貨リップルコイン(Ripple)自体の価格上昇は見込めない、との意見がある。

入手方法

リップルを購入するには、まずゲートウェイ(Gateway)で日本円を「JPY」という仮想のお金に換え、それを元にリップルを購入するという流れになっています。

1 2