1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

「第一印象は2分で決まって、その後はもう変わらない。」

第一印象で、相手に「冷たい人」という印象をもたれると、その後、どんなことをしてもこの形容詞がついて回り、「言葉遣いはやさしいけれど、冷淡な人」「親身に話を聞いてくれるけど、薄情な人」などと、とかくネガティブなイメージに流されていきます。

その反対に、第一印象で「温かみのある人」という印象をもたれると、「口数は少ないけれど、優しげな人」「感情の起伏があるけれど、人間味のある人」と、何をしてもポジティブに解釈される傾向があるのです。

第一印象を良くする方法

1.外見、服装に気を使う

外見は何よりも「清潔感」を与えることが重要です。
髪型やメイクはこざっぱりと整え、爪を切り、歯をよく磨きましょう。

目の輝き、姿勢、しなやかな身体の動き

第一印象を良くするために、これらは必要不可欠です。

汚いひと、臭いひと、と会いたいと思います?仲良くなりたいと思います?

まさかぁ、、、。ですよね

鏡で身だしなみをチェックしましょう。
ネクタイが緩んだり曲がったりしていないか、襟は折れていないか、汚れはないか。
髪が伸びていたりすると、最低限のマナーも心得ていないと思われ、印象は最悪です。

2.出会って3秒以内に笑顔を見せる

出会った瞬間に写真を撮って、脳にそのひとのイメージ画像を保存するような感じです。
ですから、初対面に笑顔は必要不可欠

笑顔というと難しく感じるかもしれませんが、口角を上げるだけで表情は一気に明るくなります。
面接が連続してくると体力的にも精神的にも消耗し、疲れが顔に現れがちですが、口角に気を遣えば自ずと笑顔になり、声のトーンも上がります。
結果、相手に「明るい人だ」という印象を与えやすくなります。

3.姿勢を良くする

姿勢は、立ち姿はもちろんのことですが意外と軽視されがちなのが座っている姿勢です。
背もたれに深く腰掛けている場合、威圧的であったり、偉ぶっているように見られかねませんので注意しましょう。

第一印象は姿勢によっても変わるので、猫背にならないように胸を張ることが大切です。どんなに着飾っていても姿勢が悪ければ、暗いイメージや年老いたイメージを持たれる可能性があるからです。

立っている時も座っている時もバレリーナの気分になり、正しい姿勢のポイントを押さえて上で維持することを心がけましょう。

4.相手の名前を覚えて、使う

なるべく相手の名前を使って会話をする。
たったこれだけで、なにもせずに会話したひとよりも、あなたは相手の記憶に残るようになります。

1 2