1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ソマリアで飛行機が爆発。ところで「ソマリア」ってどんな国?

『ソマリア』名前はなんとなく聞いたことあるけど、どんな国かはあんまり知らないですよね?

更新日: 2016年02月04日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 29808 view
お気に入り追加

ソマリアの飛行機内で爆発!

2日、ソマリアの首都モガディシオ国際空港を出発したアラブ首長国連邦のダーロ航空D3159便で爆発が起きた。

乗客が携帯電話で撮影した、爆発直後の様子がこちら

乗客は「大きな音が聞こえて、煙で数秒間、何も見えなくなった」と話している。

空港当局者によると、爆発は高度1万2000~1万4000フィート(約3700~4300メートル)の上空で起きたと推測。

同機は無事着陸も、乗客1人が外に放り出され死亡

同機は隣国ジブチに向かう途中だったが、爆発をうけモガディシオに引き返し無事着陸。

飛行機には乗客74人が乗っていたが、この爆発で乗客1人が外に放り出され、その後地上で遺体が発見された。

ソマリアの飛行機爆発事故、機外に放り出されて死ぬなんて怖すぎる……。

飛行機に穴って…。ファイナルデッドシリーズ思い出したわ。

ソマリアの旅客機爆発で穴開いてるのによく着陸できたよぬ。画像みたときヒェッてなった

テロ?事故?爆発の原因は「調査中」

今のところ犯行声明は出ていないが、機内から爆薬の残留物質の反応が出たという情報もある。

ソマリアのアブディサラム・アアト首相報道官は「現時点では多くの矛盾した情報が錯綜している」と語る。

現地当局は事故原因を詳しく調査中

ところでこの事故(?)が起きた『ソマリア』ってどんな国?

正式名称はソマリア連邦共和国

アフリカ大陸の「アフリカの角」と呼ばれる、東に突き出した半島の地域に位置。
人口は約1000万人
首都はモガディシュ(モガディシオ)

別名「崩壊国家」ともよばれた国

ソマリアといえば、近年はほぼなくなったものの、数年前までは機関銃やロケットランチャーで武装した海賊が横行。
ソマリア沖は「世界一危険な海域」として知られている。

長く無政府状態が続き、氏族同士の内戦、「自称国家」や「勝手に独立を宣言する国家」などが群雄割拠していた。

■その歴史は複雑

もともとは独裁政権のもと、それなりに安定していた

長らくイタリアとイギリスの植民地だったが、1960年に独立。

アフリカでは珍しく、単一民族・単一言語・単一宗教だが、6つの氏族、16の準氏族に分かれていて、独立後から権力争いが続いた。

そして大統領が暗殺される

すると、軍のバーレ少将がクーデターをおこし実権を握り、社会主義の名の下強力な軍事独裁が敷かれ、治安は比較的安定した。

混乱は独裁政権の崩壊から始まった

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう