1. まとめトップ

華麗なる女性遍歴 米大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプの妻たち

アメリカ大統領選では共和党から出馬の意向を表明した大富豪トランプ氏。過激な発言でメディアに取り上げられていますが、イヴァナ・トランプ、マーラ・メイプルズ、メラニア・トランプと彼の現在・過去の妻たちについてまとめてみました。

更新日: 2017年11月07日

12 お気に入り 887045 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本再生さん

ドナルド・トランプが2016年アメリカ合衆国大統領選挙候補へ

不動産会社トランプ・オーガナイゼイションの会長です。

ドイツ系アメリカ人の父、およびルイス島生まれの移民であったスコットランド系アメリカ人の母による、富裕な家庭に、5人兄弟の1人として生まれた。

歯に衣着せぬコメントのおかげで有名人となり、NBCのリアリティ番組「アプレンティス」の成功によって知名度を高めた。

人気テレビ番組の司会を務め、「おまえはクビだ」という決めぜりふが流行語になった。

ペンシルベニア大学卒。全米にホテルやカジノ、ゴルフ場などを持つ不動産王として知られる。

不動産開発プロジェクトは、国の内外で一流の物件との評価を受けています。

1994年にアジアや欧州の投資家と共同でニューヨークのエンパイア・ステートビルを買収。保有する不動産は時価数千億円ともいわれる。

ばニューヨーク五番街にある世界的に有名な超高層ビルのトランプ・タワー、トランプ・パークアベニュー、パームビーチの歴史的なマール・ア・ラーゴクラブ、ドバイで開発中のパーム・トランプ・インターナショナルホテル&タワーなどがある。

好きなモノは金と女?

最初の妻 イヴァナ・トランプ

チェコスロバキア出身の元ファッションモデル

学生時代にスキー選手として活躍した後、カナダへ移住。やがて、モントリオールでモデルの仕事をスタート。

1977年4月、ドナルド・トランプと再婚。彼との間に、ドナルド・トランプ・ジュニア、イヴァンカ、エリックの3子をもうけた。

ウィンクルマイヤーと離婚し、1977年4月、ドナルド・トランプと再婚して3人の子供をもうけるも離婚

仕事で訪れたNYでドナルド・トランプ氏と出会い結婚。彼の不動産業を手伝い、インテリアのデザインなども手がけました。

。トランプ氏の最初の妻で、2男1女をもうけた。92年にトランプ氏の浮気が原因で離婚した。

1992年に正式に離婚するが、慰謝料を巡って裁判で泥仕合となり、衆目を集めた。

慰謝料は2億ドルの現金、14億ドルの土地、フロリダ州パームビーチにある邸宅など。

若かりし頃は一流のスキー選手として、その後は麗しきトップモデルとして、結婚して成金マダムのトランプ嫁として、離婚後はやり手の女実業家として、常にガッツな生き方はスゴイ!

ロッサノ・ルビコンディと再々々婚しました。

24歳年下のロッサノ・ルビコンディと再々々婚。3億ドルをかけた披露宴に、元夫ドナルドを含む400人の客を招待した。

共和党批判のメディアをナチスに例える発言をして避難を浴びる

ドナルド・トランプ氏の長男ドナルド・トランプジュニア氏は9月14日、選挙運動の報道が「メディアのダブル・スタンダード」だと批判した時に、ナチス・ドイツのユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を引き合いに出した。

選挙運動でガス室を引き合いに出すのは、厳しい批判や警告を受けることになるタイプのコメントだ。

1 2 3 4