1998年にセブンイレブンが「丸かぶり寿司 恵方巻」という商品を発売すると、全国のスーパーやコンビニ、デパートも追随。

あるコンビニでは、歳の数だけ食べる用の「福豆」は1袋100円(税込)、恵方巻きは420円(税込)で売られている。節分という比較的地味な年中行事に、売るものの値段が4倍以上になるとしたら、企業がマーケティングに力を入れるのも仕方のないこと

出典男性のアレがモチーフ? 節分の「恵方巻」驚きの起源とマーケティング戦略とは – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る