1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

一時は死亡説も...「世界一有名な子役」が最近「パロディ」にハマり過ぎ

映画「ホーム・アローン」に出演しスターとなったマコーレー・カルキン。その後の人生はなかなかハードだったことでも知られていますが、最近の「パロディ」過ぎる活動がおもしろいです。

更新日: 2016年02月04日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
61 お気に入り 147181 view
お気に入り追加

映画「ホーム・アローン」に出演しスターとなったマコーレー・カルキン

主人公のマコーレー・カルキンは本作で、「世界一有名な子役」にギネス認定され日本での興行収入も当時34億円と大ヒット

その後の人生はなかなかハードだった

マコーレーのマネジャーを務めていた父親の非常識な要求などで1994年後半にはオファーが減少

高校で、マコーレーは同い年のレイチェル・マイナーと出会い交際に発展。あっさりと学校を中退

急に痩せこけて衰弱した外見に変化なったこともあり、死亡説や麻薬中毒で余命半年説などの噂も出ました

▼だけど、ここ数年何かと「パロディ」づいて面白い

有名バンドのパロディバンドを結成

マコーレーは「The Velvet Underground」のパロディーバンド「The Pizza Underground」というバンドを結成

The Pizza Underground(以下PU)というThe Velvet Undergroundのコピーバンド兼コミックバンドの中心人物にいる

これがただのバンドじゃない

シュール過ぎだろ!何かと「ピザ」にちなんでいることがコンセプト

パロディドラマに出演し話題になった

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する