1. まとめトップ

IOCもキレた(怒)! リオと韓国のオリンピック開催がヤバい..!

ブラジルで行われるリオデジャネイロオリンピック(無事終了しました)、2018年予定の韓国・平昌冬期オリンピック。これらの開催が本当にできるのか、不安の声があがっており、IOCもあまりのひどさにキレたとの報道がなされています。*リオは終了したので、韓国五輪の話題を先のページに移動しました。

更新日: 2018年04月26日

39 お気に入り 2038511 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tokiokakeruさん

★本当にヤバいのは韓国・平昌冬期大会です。

平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)は、2018年に大韓民国江原道平昌で開催予定の第23回冬季オリンピック。
なお、同大会ではオリンピックで夏冬通じ史上初の“郡単位”(主導)での開催となる。

ついにIOC委員がキレ始めた韓国・平昌冬季五輪

・約2年前(2016年の初め)の状況は

開幕まで2年あまりとなった2018年平昌冬季五輪(韓国)だが、ここにいたって準備の遅れはあまり解消されず、地元メディアからは国際オリンピック委員会(IOC)のイライラを伝える報道が目立っている。

昨年から韓国各メディアが外交辞令だけでない、IOC委員の「本音」部分を伝え始めた。

 中央日報電子版が韓国スポーツ界の大物、金雲竜・元IOC副委員長の言葉を引いて「私が会ったIOC委員はこのままだと失敗するかもしれないと心配している。あまりにも建設が遅れていて、約束したことをしていない」とIOC側のいらだちをストレートに伝えれば、昨年12月18日の朝鮮日報電子版は「(話法が)巧みなリンドバーグ調整委員長でさえ、韓国に来ると『遅れているひまはない』と頻繁に口にするという」と報道している。

韓国・平昌五輪組織委員会は2016年2月に実施予定の平昌五輪(18年2月開催)の初のテスト大会となるスキー・ワールドカップ(W杯)開催に向けて必死だ。

中国メディアの上海青年報はこの2月6日、7日の2日間、テストイベントとしてアルペンスキーW杯が開かれる旌善(チョンソン)のスキー場が昨年暮れの段階で40%しか完成しておらず、開幕に間に合うよう完成できたら「奇跡的」という関係者の談話を掲載。

15年2月の段階で、国際スキー連盟(FIS)のジャン・フランコ・カスパー会長が開催は「ほぼ不可能」と警告し、緊急代替開催地を定めている。五輪組織委は国際オリンピック委員会(IOC)とFISに開催を何度も約束しているだけに、万が一中止になれば「世界に恥をさらすことになるのでは」などと韓国ネットユーザーも懸念を募らせている。

韓国メディアは1月に入ってテスト大会開催に楽観的な雰囲気だが、SBSは昨年12月半ば、五輪組織委の一部関係者が、どうせ恥をかくのなら16年1月初めに開催するかどうかを最終決定することが「少しでも悪口を減らす方法だ」という話までしていたと、まことしやかに報じていた。

・何とかテスト開催に間に合ったようです。

平昌冬季五輪開幕まで9日で2年となるのを前に、運営手順などを確認するテスト大会が6日、本番会場で始まり、アルペンスキーのワールドカップ(W杯)男子滑降第8戦が行われ、15カ国から選手53人が出場した。

★またもや日韓共催を、という声が!

余りにずさんな状態に、国際オリンピック委員会(IOC)の提案する日韓共同開催案が再び浮上する可能性も出ている。テストマッチが間に合わなかった場合には、IOC調整委員会が一部スキー競技を欧州か日本での実施を勧告することは必至とみられる。関係筋は「欧州では遠すぎる。長野大会の経験もある日本での開催が現実的で、その可能性は高い」と話している。

韓国国内でも”2018年平昌冬季オリンピック反対闘争委員会”が結成され、争いの火種になっています。
世界中から「無理」と言われているのは仁川アジア大会が失敗に終わったからです。

失敗というのは個人の感想ではなく、韓国のマスコミが発信したものです。

サッカー練習場にシャワーがなかったこと、選手村のエレベーターが動かなかったこと、弁当からサルモネラ菌が検出したことなど、世界中の選手から不満が漏れました。韓国のマスコミが「世界に恥をさらした」と批判しました。

指導力を発揮できない、大統領への批判が高まっている

財政難や競技場建設の遅れ、スポンサーの誘致など難問が山積で、開催まで約2年を迎えても韓国内で開催を危ぶむ声はやむことがない。

SBSテレビによると、五輪組織委はVIP用に平昌周辺で高級ホテルに120室を用意した。だが、国際オリンピック委員会(IOC)が要求する1500室に絶対的に足りていない。そこで窮余の策として浮上したのが「ソウル宿泊論」。

しかし、大会は17日間。SBSは世界的な企業の幹部が毎日、往復4時間をかけて通うことができるのかと疑問を呈する。「VIPの口から良い言葉が出てくるはずがないのは火を見るよりも明らかだ」と切り捨てる。さらに予想を上回る観衆が押し寄せたら「大混乱」は必至と警鐘を鳴らす。

★このままでは、本当に中止になってしまうかも?今後も目が離せません。

韓国ではF1韓国GPの中止や、14年の仁川アジア大会の運営などで不評を買い、国際的な大会の運営能力に疑問を持たれている。それだけに当初予算の1.6倍となる約13兆5000億ウォン(約1兆3100万円)をかける五輪という国家事業の不手際に韓国民も呆れるばかりだ。ネットには「着々と韓国の評判を下げるための準備を進めているとしか思えない」など懸念の声が寄せられている。

★平昌五輪、実はマスコットがまだ決まっていませんでした…

1 2 3 4 5