出典 dmlab.jp

動画広告の種類と活用方法 ~初めての動画広告から学んだ成功のポイント|DML

動画広告という広告フォーマットが登場。その代表格は、インストリーム動画広告(Youtubeなどの動画サイトで配信)、インバナー動画広告(従来のバナー枠に配信、すぐに再生)、インリード動画広告(メインコンテンツと同じ枠で配信、スクロールされてから再生)。動画広告は、従来のウェブ特有の指標のみで判断するのは違和感があり、定量的な指標としては今までの静止画の広告にはなかった「視聴単価」や「リーチ単価」、さらには定性的な評価指標も必要になる

この情報が含まれているまとめはこちら

低予算で動画広告を考えるときのヒント

爆発的な増加が予想される動画広告。足かせになっているのは、制作費の壁などではなく、企画だろう。ただ、遅かれ早かれ、優秀な人々が様々な作品を世に出してくるはず。低予算の動画広告事例については、今後も増やしていきたい(更新中)

このまとめを見る