出典 unyoo.jp

動画広告はユーザーに寄り添わなければならない|Unyoo.jp

Googleの興味深い調査によると、長さの違う3パターンの動画広告(15秒、30秒、2分)に対して、一番短い15秒の動画が最も観られていない、即ちスキップされたことが分かった。また、図で示された、広告想起率(Ad recall)とブランド好感度(Brand favorability)の効果との関係で言えば、今回の調査は、一番短尺の動画が最もスキップされ、かつブランド好感度アップにも貢献しにくいことが明らかになっている

この情報が含まれているまとめはこちら

低予算で動画広告を考えるときのヒント

爆発的な増加が予想される動画広告。足かせになっているのは、制作費の壁などではなく、企画だろう。ただ、遅かれ早かれ、優秀な人々が様々な作品を世に出してくるはず。低予算の動画広告事例については、今後も増やしていきたい(更新中)

このまとめを見る