出典 viibar.com

動画広告の役割、種類、指標などの活用基礎を学ぶ|Viibar

動画広告はテレビCMに比べて、自分に関係が無い、興味を惹かれない、と思われてしまうと、広告に見向きもしてもらえない。なぜならスキップボタンがあるからだ。おそらく、そこでクリエイティブ性が鍛えられていくことになる。さて、目下、動画広告の掲載フォーマットの種類は四点だ。
1)インストリーム:YouTubeで冒頭に差し込まれる動画広告はこれを指す。
2)インバナー:バナー広告の代わりとなる動画。
3)インフィード:Facebookのニュースフィードに差し込まれる動画はこれを指す。
4)インリード:メディアの記事文章を呼んでいる途中(In Read)で、動画が出現する

この情報が含まれているまとめはこちら

低予算で動画広告を考えるときのヒント

爆発的な増加が予想される動画広告。足かせになっているのは、制作費の壁などではなく、企画だろう。ただ、遅かれ早かれ、優秀な人々が様々な作品を世に出してくるはず。低予算の動画広告事例については、今後も増やしていきたい(更新中)

このまとめを見る