1. まとめトップ

プチプラだけど格好いい!メンズのリュックお勧めブランド6選

リュックサック(バックパック)は今や欠かせないおしゃれアイテム!着こなしに合わせていくつか欲しいって方も多いと思います。そこでプチプラだけど手頃な価格で帰るリュックサックのブランドをまとめてみました。

更新日: 2016年04月21日

amasayaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
644 お気に入り 182373 view
お気に入り追加

1. KELTY(ケルティ)

http://www.kelty.co.jp/

頑丈なナイロン製パック、S字カーブのアルミフレーム、そしてヒップベルトなどを組み合わせた、60年代に現在の”バックパック”の原型を作ったメーカーとして知られています。

1952年アメリカ、建築家であり、熱狂的なアウトドアマンでもあったディック・ケルティによって誕生したのがアウトドアバッグブランド「KELTY(ケルティ)」。

バックパックの変遷と称されているケルティのリュックはケルティのロゴマークが特徴的です。

トップクライマーからタウンユースまで幅広い層から支持されているブランドです。

2. Herschel Supply(ハーシェルサプライ)

https://www.herschelsupply.com/

2010年、カナダ・バンクーバーでジェイミーとリンドンのコーマック兄弟が、カナダにあるわずか30人ほどの小さな田舎町「Herschel(ハーシェル)」をブランド名の由来として「ハーシェル サプライ」を設立しました。

HERSHEL SUPPLY(ハーシェル サプライ)は、2010年にスタートしたカナダ発のバッグブランドです。

シンプルな形状で使い勝手が良いと評判の、ハーシェルサプライ(Herschel Supply)のリュック。

おしゃれなのに価格も10,000円を切るのも割りとあるので手が出しやすい!

その中でもユニークなデザインが人気を誇るタウンユースのバックパック「リトルアメリカ」は、「ハーシェル サプライ」の象徴とも言えるアイテムです。

ベルト使いがおしゃれなリトルアメリカはハーシェルサプライの中でも印象的なデザインのバックパックとして人気。

3. L.L.Bean(エルエルビーン)

L.L.Bean(エルエルビーン)はアウトドアブランドとして有名。レオン・レオンウッド・ビーンが創立した1912年に設立したブランド。

出典wear.jp

http://www.llbean.co.jp/shop/c

L.L.Beanといえば、最近ではトートバッグも大人気ですよね!アウドドアブランドではありますが、普段使いできるオシャレなアイテムも揃っているので、男女問わず人気のブランドです。

ながくずっと使い続けることが出来るのが、エルエルビーンのリュックサックの人気のひとつです。

とにかく丈夫なので、子どもの頃に買ったものを長く使ってるという方も意外と多いようです。

4. CHUMS(チャムス)

http://www.chums.jp/

ペンギンのロゴマークがかわいいCHUMS。チャムスは1983年、アメリカはユタ州のコロラド川にてリバーガイドをしていたマイク・タゲットが愛用するサングラスを何度も激流に落としてしまった経験から、サングラスストラップ「チャムス・オリジナル・リテイナー」を作ったことからブランドが生まれた。

バッグや帽子・アクセサリーなどを販売する、アメリカのカジュアルアウトドアブランド。

リュックにおいても、若物などの間ではかなりの人気となっており、街でも多くの人が使用しているのを見かけることが出来るでしょう。

チャムスのリュックは手頃な価格帯のうえ、収納性にも優れていておしゃれなものが多く、ファッショナブルな男性のワガママを叶えるまさにバランスの取れたアイテムといえます。

スウェット生地のリュックなどもあり、ちょっとかわいらしい着こなしが好きな男性におすすめのブランドです。

5. AS2OV(アッソブ)

http://www.unby.jp/

こちらはプチプラとは言えませんが、ものによっては1万円台のバックパックもあります。デザイン性と機能性を兼ね備えたおしゃれなリュックが欲しい方におすすめのブランドです。

元マスターピースのデザイナーが2013年に立ち上げたバッグブランド「AS2OV(アッソブ)」。

1 2





amasayaさん