1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

感染症拡大防止に作業チーム設置へ。エボラ出血熱を巡り、国連などの国際機関は、発生した西アフリカの国で、十分な医療体制が整っておらず、初期段階で適切な対応が出来なかったことが感染の拡大を招いたとみている。感染封じ込めには発生した国で初期段階から国際社会が連携し対応が必要、関係省庁による作業チームを設置し国際貢献策を検討する。具体的には総理大臣補佐官の元で厚生労働省や外務省、防衛省等の担当者が、日本の国際緊急援助隊の強化や、感染症の発生が懸念される国の医療体制の整備支援など。

きのう、東京・帝国劇場で行われていた舞台で、セットが倒れて6人が負傷した。舞台は堂本光一の公演「Endless SHOCK」で、15年間1200回以上行われており、宙吊りアクションが人気だった。警視庁によると、重さ800キロの舞台装置が倒れて6人が下敷きとなり、2人が骨折などの重傷、4人が軽傷を負ったが、命に別条はないという。この事故で昼・夜の部が中止となり、再開については不明となっている。

娘に旅行に連れてきてもらった重傷の母を映した
チュニジアはサハラ砂漠やカルタゴの遺跡、洗練され街並みなど人気が高くバルドー博物館も観光客が非常に多く観光の必須項目だという。ロンリープラネットでも2015年のオススメ観光スポットでトップ紹介されている。事件後にアンサール・アル・シャリアがチュニジアで襲撃をしたことを声明、今後も事件を起こすと明言している。アンサール・アル・シャリアとは2011年に結成し、アラブの春をきっかけに活動。イスラム国を支持する声明を出している。高橋和夫は観光客を狙うためにクルーズが入ってくる日を狙うのは自然だと説明した。

きのう午後4時ごろ、堂本光一の公演中に重さ800kgのLEDパネル2枚が倒壊し6人が下敷きになった。うち1人は重傷で、堂本にけがはないという。事故はフィナーレの近くで起きたという。観客によると最初は演出かと思ったようだが、直後に幕が降り担架を呼ぶ声などが聞こえてきたとのこと。事故の影響で夜の部も中止になった。

帝国劇場で行われた堂本光一主演舞台「Endless SHOCK」の公演中、高さ7m、横3m、重さ800kgの可動式LEDパネルが倒れた。大掛かりなセットも魅力の一つであるこの舞台で一体何が起きたのか。

人間国宝の落語家・桂米朝さんが肺炎のため89歳で死去した。突然の訃報に笑福亭仁鶴さん、桂ざこばさん、桂歌丸さんらが悲しみのコメントを寄せた。

世界初の化学テロ・地下鉄サリン事件から今日で20年、現場となった霞ヶ関駅では事件が起きた午前8時に職員たちが黙祷をし、遺族や被害者が花を手向けに来ていた。事件後、警察は化学テロの専門部隊を全国9か所に配備、化学物質を鑑定する態勢を全国に拡充した。国連によると、一昨年シリアでサリンが使用され推定で市民1200人が犠牲になったという。OPCWは過激派組織ISが化学兵器の入手を模索していた疑いもあるとし、国連も警戒感を強めている。

日本人観光客も乗ったクルーズ船は厳しい警備態勢の中、スペインのバルセロナに到着した。チュニジア襲撃を受けクルーズは中止となっている。そして2つの犯行声明が公開されイスラム国の姿があった。

午後9時すぎ、東京・帝国劇場で再開した舞台「Endless SHOCK」のカーテンコールに姿を表した堂本光一さんは「起こってしまったことは絶対に肯定してはいけません。絶対にそれを受け止めてまたきょうから一歩踏み出して、前に進んでいかなければいけないと強く感じました」「ストーリーの中で、"Show must go on"という言葉も良く使っている」「安全を第一にして全員でこれからもお届けしたい」と語った。事故はきのう、公演中にセットの可動式LEDパネルをスタッフが動かそうとして転倒、出演者ら6人が下敷きとなり負傷した。

今夜のゲストが紹介された。今回の襲撃事件について話題になった。そこで現地のチュニスから中継。現場ではテロに反対する人たちが声を上げている様子が伝えられた。またイスラムの金曜礼拝ではテロ避難の説教が行われたと伝えた。

チュニジアの博物館襲撃事件で、チュニスでは献花が行われていた。博物館の職員は当時について「犯人がカラシニコフを持ってウロウロしているのが見えた」と話した。犯人はパーカーやスニーカーを着用して一般人を装っていたという。目撃者によると、犯人は銃撃の直前にアラビア語で「伏せろ」と叫んだと言い、 言葉の分からない外国人観光客だけを狙った可能性も浮上している。「イスラム国」と「アンサール・シャリア」は犯行声明を発表したと伝えた。専門家は「両者の間に何か繋がり関係がある可能性もある」と解説した。チュニジア政府はこれまでに9人を拘束している。

東京ミッドタウン前の桜並木はまだ開花していないが、今日からライトアップが始まる。LED照明によるピンクの光で、まるで桜が咲いたように見える。桜の開花状況に合わせて色合いを変化させ、つぼみから葉桜までを表現する。

1