1. まとめトップ

メンデレーエフ生誕175年!「周期表」の生みの親

世界的に有名な化学者、ドミトリー・メンデレーエフは、175年前の2月8日、シベリアのトボリスクという町に生まれました。

更新日: 2017年08月05日

0 お気に入り 1119 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Doragonflyさん

科学アカデミー会員のセルゲイ・アルドシン氏は、メンデレーエフの主な功績は、メンデレーエフが化学を予測可能な学問にさせたことだと指摘しています。

1869年の2月17日、元素の原子量とその化学的特性との関係について考えていたメンデレーエフは、居眠りの最中、彼は夢の中で、すべての元素が原子量の順に並んだ表を見た。

メンデレーエフの最初の英語版の周期表。
この周期律表を作成した後、3 つの新しい元素を予測しました。この考えは当初は疑いの目で見るものも多かったが、メンデレーエフが周期表に空欄を作って予言したとおりの場所に、1875年にガリウム、1879年にスカンジウム、1886年にゲルマニウムと次々と新元素が発見された。

友達はほとんどいませんでした。メンデレーエフは、多くの学者に対し、敵意を露わにし、感情を抑えるのは、身体に良くないと考えて、自分の怒りをあからさまに激しく表現しました

王立協会が1877年から毎年、化学の諸分野での非常に重要な発見に対して贈る賞である。賞の名前は19世紀の化学者ハンフリー・デービーを記念している。£1000の賞金とともに贈られる。

メンデレーエフは、「自分の研究人生を振り返って、多くのことをやってきたことに自分でも驚いてしまう」、と語っていました。メンデレーエフは、元素周期律表の発見の他、溶液理論の発展の基礎を築き、石油の分別蒸留法を提案し、無煙火薬を開発した他、鉱物肥料の利用と干ばつ地域の灌漑を普及させました。メンデレーエフの研究の10~20%程度が化学に関するもので、その他多くの研究は、化学以外の分野に関するものでした

1