1. まとめトップ

2020年、センター試験廃止! 激変する大学入試ビッグバンにおける、予備校や通信教育の対策とは?

「2020年問題」は東京オリンピック開催や高齢化だけじゃありません! 大学入試だって変わるんです! 2020年、あと4年なんてもうすぐ! 間近に迫る大学入試改革について、ご紹介します。これからの大学受験は、どう変わるの?

更新日: 2017年01月26日

12 お気に入り 37338 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼大学入試が大きく変わるって知ってる?

【悲報】センター試験廃止決定なっしー! 2018年頃からは、高校在学中に複数回行われる学力テストを参考に大学入試が行われるなっしー。 つまり高校3年生から勉強して合格ラインに達しても意味なしなっしーwww pic.twitter.com/Bj1gIVT3Ao

▼2020年、センター試験が無くなる!

数年後にセンター試験なくなるって話をされてほぇ〜ってなってた

センター試験先に廃止になるな… どうすればいいんですかねその場合

▼センター試験の代わりに、新たな共通テストがスタート!

2019年度を最後に廃止されるセンター試験の後を受けて創設されるのが、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称:以後、評価テスト)」です。

▼どうして変わるの?

センター試験がなくなるってどういうことかわかる?事務処理的な能力を社会は求めていないってことだよ。暗記で乗り切れる受験も段々変わってくるかもね。

▼脱・ペーパーテスト、「覚える力」から「考える力」への転換!

日本のこれまでの入試は、ペーパーテストによる知識の暗記・再生に偏りがちで、それを点数で序列化するといった選抜方法が、公平性を担保するものと考えられてきました。

今回の答申では、入学者選抜について、知識・技能の習得だけではなく、その知識を活用する力や、主体的に学ぶ力を含めた“確かな学力”を、多面的・総合的に評価していこうとしています。

▼今の小学6年生が受験する2020年度が、大転換期

▼段階的に変わり、本格的に変わるのは2024年度

これからは、若者一人一人が「正解のない中で、主体的に取り組み、チャレンジできる力」が求められています。

知識を身につけていれば解ける問題が減って、思考力・判断力・表現力を中心に問う試験になっていきます。

→ということはつまり、今の小学3年生以下の子供は、大人世代とは全然違う勉強をしないと対応できないってこと?

▼じゃあ、これからの入試に求められる力って?

ズバリ、「思考力」「判断力」「表現力」の3つ

これからより求められるようになる「思考力」「判断力」「表現力」。

1 2 3