1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

田中将大が右肘の回復順調も息子が誕生間近でめっちゃソワソワしてた

昨年、右肘の手術をした田中将大。その回復は順調のようですが、第一子の誕生が間近でめっちゃソワソワしてました。また、妻の里田まいもそわそわ。

更新日: 2016年02月08日

CloverSさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 50661 view
お気に入り追加

◆メジャー3シーズン目の活躍が期待される田中将大

13年オフにポスティングシステムでヤンキース移籍。5月20日のカブス戦で敗れるまで、日米通算34連勝。

◆昨年は10月に右肘の手術を受けた

通称「ねずみ」と呼ばれる遊離軟骨の除去手術で、球団によると、楽天時代から骨片が存在していたという。

遊離した軟骨が動くだけなら問題ない場合もありますが、遊離軟骨が関節の中で挟まってしまうと激しい痛みを起こすケースがあります。

◆手術した右肘は順調に回復している模様

田中将大投手が8日、春季キャンプ参加のために渡米した。

ブルペンでの投球練習は行っていないが、平地では強めの球を投げ始めており「ここまで全て順調にいっている」と不安を感じさせなかった。

空港で取材に応じた田中は「これまでの2年間は納得のできないシーズンだった。今年はいいニュースを届けたい」と意欲を語った。

◆そんな仕上がりも順調な田中投手は息子の誕生を控えている

2015年9月に待望の第1子妊娠を発表した、タレントの里田まいさん(31)と夫である大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(26)。

里田は、米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手と交際していることを2010年に明らかにし、2012年に結婚。

◆もうすぐ予定日でソワソワしていた

「予定日とそのあたりにキャンプが始まるっていうのがあって、キャンプインの初日にいられるのか、心配。いつになるかわからないですが」とそわそわ。

出産に向け、「準備はいろいろ(やっている)。やることいろいろありますので、着々とやっていけてると思う」

父親になる実感はまだないそうで、「本当に実感がわくのは生まれてから、一緒に過ごしてからだと思います」

初めての子育てでどういったのがいいのかはわからないですが、子どもと一緒に僕ら両親も成長していければいいと思います。自分でもどうやったらいいのかを考えてやっていきたい。

◆渡米の時は、久しぶりの再会を心待ちにしていた

プライベートでは間もなく、まい夫人の出産を控えており、立ち会い出産を希望している。

今月中旬に誕生予定の男児の気になる名前だが「びっくりするくらい何もしていない。隠したいとかじゃなく、本当に(候補が)ない。頑張って決めます」と苦笑いしていた。

1 2





CloverSさん