1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

小豆大福さん

骨盤の歪みは日常の何気ない習慣が原因かも?!

姿勢の悪さや体の歪みの原因は、日常生活のさまざまなところに潜んでいます。

いくら整体院で骨盤矯正をしても、骨盤を歪ませる日常の習慣を改善しなければ、すぐに元に戻ってしまうのが悲しいところ。

NG習慣その1! 床や畳、絨毯などに座って生活している

・片足を立てた“立膝”をしている

・両足を片方に崩した“女座り”をしている

・腰を丸めてテーブルに“頬杖”をついている

床座り生活をしている方は、“なるべく腰をまっすぐ立てて座る”ように意識しましょう。

NG習慣その2! 運動不足などで股関節が硬くなっている

骨盤周りの筋肉は、柔軟である事が大切です。骨盤周りの筋肉が硬くなると、歪んだ骨盤が固定されてしまいます。

NG習慣その3! サイズの合わない洋服やローライズデニムを履いている

洋服や靴のサイズも重要です。自分のサイズに合わない洋服や靴を履いていると、違和感を防ぐ為に不自然な格好や歩き方をします。それが毎日続くと、骨盤の歪みに繋がってしまうのです。

ローライズデニムは要注意です。腰に当たる布の位置より、お腹側に当たる布の位置が低いと、その形に腰が引っ張られて反り腰気味になってしまいます。知らないうちに骨盤を前傾させて固定させてしまい、腰にも負担がかかってしまうのです。

日常生活の中で出来る歪みチェック!

1つでも当てはまると骨盤は歪んでるかもしれません((((;゜Д゜)))

・片方の靴ばかりすり減る
・何もないところでつまずく
・座るときに、脚を組む癖がある
・仰向けに寝ると左右の足の開きが違う
・O脚またはX脚である
・立つときに、壁によりかかったり、片方の足に重心を置いたりしている
・歩いているとスカートが回ってしまう

1日の終わりに「簡単歪みリセットストレッチ」をしよう!

片足を曲げて倒します。反対側の足の裏を両手で救いすくい、胸の位置まで持ち上げます。

持ち上げた足の先を反対側の胸に寄せ、両手で抱えます。抱えた側のお尻が伸びているのを感じながら10秒キープ。反対側も同様に行います。

次に片足の膝を曲げて足を倒します。この時、膝が正面を向くようにしましょう。その足の上に重ねるようにして反対側の足を乗せます。両足の膝が正面を向くようにしましょう。

痛い時は無理をしないようにしましょう!

足を重ねた時に、両膝が浮いた幅の差が大きければ大きいほど、骨盤が歪んでいる可能性があります。

1日の歪みをリセットするため、このストレッチを習慣にしましょう!

1