1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

読むな、感じろ!伝説の奇書『百頭女』は超絶シュールなアート作品だった

【本好き必見!】二十世紀最大の奇書と呼ばれる『百頭女』が色々とスゴい…。小難しい理屈は抜きにして、その不気味で奇っ怪な世界観を味わい尽くしたい!

更新日: 2016年02月12日

だらくださん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
508 お気に入り 103339 view
お気に入り追加

二十世紀を代表する奇書

そのブッ飛んだ内容から、現在でも熱狂的な読者を持つという伝説的な作品があるのだとか…。

知らない人は知らない、マイナーな本だ

一読して終わりにできるような、いわゆる底の浅い本ではない

眠る前に、静かな部屋で、暗闇の中で細い電灯を照らして、見たいのはこんな本だ

それは…

1929年発刊。読み方はヒャクトウジョ、ヒャクトウオンナと諸説あり。

元版は昭和49年に箱入りの豪華本として出版されている。元版は何十年も前に絶版になっており、それなりのプレミアがついていて手に入れるのも困難だ

学生時代にこれの大判の本を図書館で見つけて盗んでしまいたくなるほど欲しかった

作者は?

経歴【1891年〜1976年】ドイツの芸術家。のちフランスに帰化した。

画家で、彫刻家で、グラフィックアーティストであり、詩人でもあります

日本では、サルバドール・ダリ、ルネ・マグリット、ジョルジョ・デ・キリコらの人気の高さに比して、やや過小評価されている感がある

超現実主義(シュルレアリスム)の代表的な画家の一人として有名。

20世紀絵画の最前線を歩み続け、シュルレアリスムにあっては、ブルトンと共に運動の指導的役割を果す

作風は多岐に渡り、コラージュ、フロッタージュなど様々な絵画技法を確立した事でも知られている。

その斬新な作風から、同時代の芸術家たちに多大な影響をあたえた人物です

超絶シュールなアート作品

『百頭女』はコラージュ小説である。19世紀の挿絵本やカタログの木版画を切り抜き貼りあわせて制作されたという。

コラージュ(collage)とは,もともとは「coller」というフランス語から由来する言葉で,「のりで貼る」という意味があります

読むな、感じろ!

『百頭女』は9章の物語で構成されている。全編に渡り、奇妙な挿絵と簡素な見出しで成り立っている。

不思議なキャプションとともに誘われるコラージュの数々は謎が解き明かされることもなく、その終わりが始まりへと回帰していく

例えば、「直径の大きな叫び声が、果物と肉片を棺桶のなかで窒息させる」全く意味不明だが、言葉と言葉の繋がりと衝突が愉しい

小説といってもストーリーは無いに等しく、章間の関係性もほぼ皆無。ある意味では大変難解な小説である。

どんな内容?と聞かれても上手く答えることは出来ない

そもそも『百頭女』などという、頭が百個もある女なんてどこにも出て来ない。

一見、敷居が高いように感じられるが、あまり難しく考えず自分の感性に身を任せ、好きなように読むのが吉。

読み方には特に何のルールも制約もない。適当なページをぱっと開いてそこから逆に前の方に繰っていってもいいし、何ページか飛ばして見て行ってもいい。いずれも奇妙奇天烈なコラージュと物語が展開されている

1 2





だらくださん

どうぞよろじぐおねがいじまず。



  • 話題の動画をまとめよう