1. まとめトップ

古くて新しい? キーボードPC【WP004】発売!!

PCメーカー「テックウインド」からWindows 10を搭載したパソコンとキーボードが一体になった「WP004」が発売された。キーボードにPCが内蔵されているその斬新な形状から注目を浴びている。しかし、今から30年ほど前のPCでは本体の上にキーボードがある形はいたって普通だったのである。

更新日: 2016年04月05日

haya-matoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1958 view
お気に入り追加

●キーボードPCとはなんぞ

その名に示す通り、キーボードにPC本体が内蔵されたもので、それ単体で手軽に持ち運ぶことを容易としたPCのことである。

これがテックウインドが発売したキーボードPC
(WP004)だ。

2016年2月12日発売・価格19,800円(税抜き)

【主な特長】
・机上スペースの有効活用(本体が小さいからね)
・最新OS Windows 10搭載(もちろん最新OS)
・ファンレスで静音(冷蔵庫の音も気になる人は安心だ)
・通常のノートPCと同等の拡張性を確保(何やらいっぱいつなげられるぞ)
・利用シーンはお客様次第で無限大(ここ一番重要!未知なる無限のパワーを今!)

http://www.tekwind.co.jp/products/TKW/entry_12801.php

【製品仕様】
プロセッサー:インテル® Atom™ プロセッサー Z3735F
キーボード:76キー 日本語独自配列
トラックパッド搭載
ストレージ容量:32GB eMMC
I/Oポート:カードリーダー microSD、microSDHC、microSDXC(最大128GB)
USB:フルサイズUSB2.0×2(Type A)
オーディオ:ヘッドフォン 3.5mmジャック ×1 / 内蔵マイク ×1
モニター出力:HDMI出力(最大解像度 1920x1080) ×1 VGA出力(最大解像度 1366x768) ×1
その他:RJ45(有線LAN)ポート×1 / 電源ポート
システムメモリー:2GB(DDR3L)
無線LAN:あり(IEEE 802.11b/g/n準拠)
Bluetooth®:あり(Bluetooth® 4.0 LE)
電源アダプター:入力(100-240V~50/60Hz,0.5A)出力(5V,2A)
OS:Windows 10 Home 32bit
色:ブラック・ホワイト
本体重量:約288g
本体サイズ:287mm(幅)×125mm(奥行き)×26.5mm(厚み)
付属品:ACアダプター、製品マニュアル、製品保証シール

●あれっ? この形は! 確か30年ほど前に・・・

気付いた人はOh! Gさんと呼ばれる年齢ではないだろうか、そう、この形状のPCもといパーソナルコンピューターは30年以上前にもあったのだ。

軽自動車から航空機まで、こう書くとなんかすごい城戸克哉さんのサイトより↓。
http://www.mct.ne.jp/users/fjv/index.htm

PC-8001は日本電気が1979年9月28日に発売したパーソナルコンピュータで、定価は168,000円だった(国産初のPCという訳ではない)

「日本電気(にっぽんでんきと読む)」は「NEC」のことで「バザールでござーる」といえばすぐに誰もが気付くだろうおなじみの電機メーカーだ。

なにやらネットで、彼氏が日本電気に就職が決まったと彼女に連絡したら町の電気屋と勘違いして別れた話があるというのだが・・・解せぬ話である。

PC-8001を起動する様子の貴重な動画だ。

マイコンが目覚める過程はいつ見ても素晴らしい。

括目せよ!!

●その頃のPCは、キーボード一体型が普通だった

タイトルの通り古いAppleをこよなく愛する(?)記事満載のmooseさんのブログから↓。
http://fururingo.cocolog-nifty.com/blog/

知る人のみ知る、富士通の「FM-7」と「FM-X」(MSX互換機)を繋いでいる(超レア)画像だ。

これだけでご飯三杯いける!

このホームページでは1980年前後に発売されたパソコンを紹介しているんだ↓。
http://www.eonet.ne.jp/~taknet21/natsukashipc/index.html

当時「パソコン御三家」と呼ばれていたNEC・富士通・シャープのパソコンとMSX互換機の各仕様書がある。

こういうのを見てしまうとある意味危険だ。

FM-7でゲームをしたらキャラが止まらないんだけど?

Z-80の開発に日本人が関わっていたってマジ?

ファミコンの6502と6809の関係って?

次々と興味が出てくるからフェチの人はほどほどにな。

●WP004の特徴(Q&A)

A:PC本体と別にキーボードを必要としないので持ち運びが楽なんだ。

厚みは3cm以下で薄く重さも300g切ってとても軽いからいつものバックにシャッキリポンだ!

モニター(TV)と電源さえある場所ならば、どこでも使えるぞ。

あ、本体と一緒にACアダプターやモニターに繋ぐケーブルも忘れるなよ。

キーボード分のスペースしか必要ないので机が広く使える。

空いたスペースには好みのフィギュアを置くのもいいだろう。

本体にはタッチパッドがあるから、マウスはいらないぞ。

パッドが苦手ならマウスを使おう!

A:まずこの「WP004の仕様」(http://www.tekwind.co.jp/products/TKW/entry_12801.php)を見るんだ。

そして「ガンオンの動作環境」(http://msgo.bandainamco-ol.jp/member/concept/gameinfo.php)を見るんだ。

ヌルヌルは無理なんだと諦めるんだ!

ガンダムオンラインとは「株式会社バンダイナムコオンライン」が開発・運営を行なう最大52vs52(計104)人が参加できる3D対戦ゲーム(http://msgo.bandainamco-ol.jp/0096LP/)であり、通称ガンオンと呼ばれる。

無課金でもそこそこいける、君がガンダムだ!

A:ふむ、要約するとこの商品は外出時にモバイルバッテリーとかで動作するのか?という質問だな。

検証はしていないのだが、仕様を見る限りおそらくは可能だろう。

そのうち必ずチャレンジャーが出てくるはずだ。

しかしそれで故障してしまうと保障が効かないかもしれない。

私からはおすすめはできない、よくある自己責任ってやつだ。

(画像と内容は関係ありません)

A:大丈夫だ、問題ない。

本体の修理を電気屋やメーカーに依頼する方法もあるが、このキーボードPCにはUSBがあるから好みのキーボードを外付けしてもいいんだ。

その際の携帯性は気にしてはいけないぞ

USBやなんやらがいっぱいあるので拡張性に困ることはないだろう。

ただ、USB3.0にこだわることはやめような。

A:うむ、この形のPCの最大の注意点は「飲み物をこぼさない!」だ。

つい、うっかりやってしまうと取り返しのつかない(後々すごくめんどくさい)事になるので何らかの対策が必要だろう。

ただし、安易にラップ等で包んでしまうとPC本体の放熱が損なわれてしまうから絶対にしてはいけない。

気をつけるべきはキーボードPCではなく、飲み物の方なのだ。

A:あれほど忠告したのだが、いいだろう。

まず電源を切りACアダプターを抜く。

次に、水分をできるだけ取る(本体だから激しく叩いちゃダメだぞ)

そして別のPCやスマホを起動しネットで「PC 飲み物」と検索して対処方法を確認し理解しつつそれを実行する(そんなことより、すぐサービスセンターに電話だ!)

●最後に、私からの提案

テックウインドが発売した「WP004」は「PC-8001」の約10分の1近い価格で発売された。

当時から比べて大きさも性能もダンチで違いすぎるほど違う。

これをどう使うかは買った本人次第なのだが、このまとめを見て頂いた方に私から一つだけ言いたい。

30数年前当時の「キーボードパソコン」のエミュを走らせるのにとてもいいと思うのだが、どうだろうか?

PC-8001エミュレータ「j80」について詳しいHAL 8999さんのサイトより↓。http://www.geocities.jp/upd780c1/index.html

ここは「PC-8001 エミュ」とググると上部にくるサイトなので間違いない。

多くは語らない、画像もプログラムも最高だ!

1





haya-matoさん