1. まとめトップ

【入試】平成30年度公立高校入学試験《京都府》【入試問題と解答】

京都府公立高校を受験する受験生の皆さん。試験お疲れさまでした!

更新日: 2018年03月09日

3 お気に入り 54383 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

サマリさん

入試に向けて

平成30年2月16日(金) 京都府立高校 前期選抜試験
平成30年2月22日(木) 京都府立高校 前期合格発表
平成30年3月7日(水) 京都府立高校 中期選抜試験
平成30年3月16日(金) 京都府立高校 中期合格発表

平成29年度京都府立公立高校の入試問題と解答

京都御三家・南陽・城南菱創受験専門 塚本塾 : 2018年度 京都府公立高校 中期選抜 志願者数&倍率 tsukamoto-juku.ldblog.jp/archives/53077…

入試問題

一足早く喜びの春 京都・公立高前期選抜で合格発表

京都府内の公立高入試で、前期選抜の合格発表が22日、54校であった。全日制と定時制で受験生の47・1%にあたる計5408人が一足早い春をつかんだ。
 2学科に計360人が受験した京都工学院高(京都市伏見区)では午後2時の発表の30分ほど前から、受験生が校門前に集まり始めた。校内のスペースに合格者計187人の受験番号が張り出されると、自分の番号を見つけた受験生からは「あった」「よっしゃ」と歓声が上がった。寺戸中3年澤田蒼太さん(15)=向日市=は「高校では数学を究め、学んだことを生かして社会に貢献できる人になりたい」と声を弾ませた。
 前期選抜は全日制で1万1453人が受験し、合格者確定後の実質倍率は2・13倍。定時制は28人が受験し、1・00倍だった。中期選抜は3月7日に行われ、2月28日と3月2日に願書を受け付ける。

京都府公立高入試<英語>講評…やや難化

2018年2月16日(金)、平成30年度(2018年度)京都府公立高等学校入学者選抜について、前期選抜が実施された。全日制課程の募集定員12,279人のうち、前期選抜の募集人員は5,407人。11,919人が志願し、志願倍率は2.20倍。

京都府公立高校前期の出願状況・倍率(確定)山城(普通)6.29倍、堀川(探究)2.11倍

京都府教育委員会は平成30年2月6日、平成30年度(2018年度)京都府公立高校入学者選抜の前期選抜出願状況を発表した。全日制の出願倍率は2.20倍で、前年度より0.14ポイント減少した。出願倍率がもっとも高いのは、山城(普通科・A方式1型)の6.29倍であった。

 前期選抜は、2月5日と6日に出願を受け付けた。全日制は募集定員5,407人に対し、11,919人が出願。出願倍率は2.20倍で、前年度の2.34倍から0.14ポイント減少した。全日制の学科別では、普通科2.67倍、専門学科1.69倍、総合学科1.30倍。

公立高入試、願書受け付け始まる 京都の前期選抜

京都府の2018年度の公立高入試で、前期選抜の願書受け付けが2日、始まった。初日は五つの通学圏ごとに一括受け付けをする会場が設けられ、中学の教員が受験する生徒の出願書類を各高校に提出した。
 京都市・乙訓通学圏は京都市下京区の市総合教育センターが会場となり、28高校がブースを設けた。約100校の中学教員らが集まり、各ブースを回って出願書類の入った封筒を担当者に手渡して受取書をもらっていた。
 5、6日は各高校で受け付けを行い、6日に府と京都市の両教育委員会が志願者数を発表する。試験は16、17日に実施され、22日に合格発表がある。

2018年度出願状況

2018年京都府公立高校入試スケジュール

平成30年度京都府公立高校入試は、前期選抜が願書受付を平成30年2月2日と5日、6日(音楽科は1月24日と25日)、共通学力検査を2月16日、その他検査を2月17日(音楽科は2月3日と4日)、追検査(前期選抜で募集定員の100%を募集する学科のみ実施)を2月20日、合格発表を2月22日に行う。

1 2