1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

待ってでも食べたい!入手困難な“幻”のお菓子たち

手に入りにくいから、余計に食べてみたい。抽選に申し込み、当選しないと食べられなかったり、2年先まで予約が埋まっているお菓子も!?待ってても食べたい!入手困難な“幻”のお菓子たちを紹介します。

更新日: 2016年05月30日

shimikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3185 お気に入り 501876 view
お気に入り追加

当選倍率40倍の幻のラムネ…『レインボーラムネ』(イコマ製菓本舗)

奈良県のイコマ製菓が作るレインボーラムネ。
一般的なラムネよりもかなり大きい。外はかりっと、中はふわっと。手に入りにくさから「幻のラムネ」と呼ばれています。

イコマ製菓本舗/奈良県生駒市俵口町1421‐2

URL:www.ramune.net

イコマ製菓のレインボーラムネは入手が難しいために、幻のレインボーラムネとも呼ばれています。
欲しい人は沢山いるのですが、製造が追いつかないために、入手するための長蛇の列に並んだり、年に数回の抽選に申し込み、当選しないと通常は手に入らないようです。

一部の菓子店に卸す以外は、一年に2回、3月と9月にハガキによる抽選販売をする。昨年3月には、3500人の当選に対し、40倍ほどの約14万通の応募が殺到した。

幻のレインボーラムネ(数量限定、年に2回ハガキ抽選で販売)貰いました!うまい!ありがとう\(^o^)/ pic.twitter.com/WEFcSSOlGr

1カ月待ちの絶品ポテチ…『できたてポテトチップ』(菊水堂)

賞味期限わずか2週間。
添加物を使わず作られるポテトチップは、できあがり当日に工場から直送され、最短で翌日に顧客に届く“鮮度”を誇ります。

フライ油の中を炎のパイプが通る「直火炊き」製法に加えて、フライ時の細かい温度管理が引き出す“懐かしい味”が評判に。

添加物を使用せず、じゃがいも、塩、油のみで作られたこだわりの味が大人気で予約してから1カ月待ちの状況です。

菊水堂/埼玉県八潮市垳58
URL:http://kikusui-do.jp/

菊水堂は、直火炊き連続チップフライヤー。フライ油の中を炎が通り抜けていく。直火独特のポテトチップの味わいです。

マツコ・デラックスの冠番組「マツコの知らない世界」2015/3/10放送回で菊水堂の「できたてポテトチップ」を大絶賛。
公式サイトが一時サーバダウンするほどの大反響を呼びました。

番組で試食したマツコも「イモ(そのもの)だね」「これは美味しい!」と大絶賛していた。

番組で紹介されるやいなや、菊水堂のホームページにはアクセスが殺到。企業の公式Twitterによれば、「現在アクセス集中のため、会社サイトがダウンしております」と、サーバーがダウンするほどの反響を呼んだ。

注文してたできたてポテトチップが届いた。製造日は昨日。うまい pic.twitter.com/DEqCN9pWaC

2年待ちの金平糖…『究極のチョコレートの金平糖』(緑寿庵清水)

日本唯一の金平糖専門店が長年の技を結集した究極の金平糖。チョコレートは、熱に弱く、通常は結晶化が難しいとされる素材。

商品化に8年も要したチョコレートの金平糖は、完成までに3週間近くかかる。少量しか作れず、現在は手元に届くまで2年待ちとのことです。

「究極のチョコレートの金平糖」は、熟練の技で18日間かけて仕上げたチョコレートの金平糖で、コクがあるのにあっさりとした後味が魅力。

商品化に8年も要したチョコレートの金平糖は、完成までに3週間かかる。少量しか作れず、現在は手元に届くまで2年待ちだ。

日本ただ一軒の金平糖専門店、緑寿庵清水の「究極のチョコレート金平糖」。半年待っただけあってとても上品でした。オススメ #sweet pic.twitter.com/tVI7peGStM

京都市左京区にある日本唯一の金平糖専門店『緑寿庵清水』。
創業から150年以上の老舗。
ここで販売されている金平糖は、ずっと守り続けている伝統の方法で作られるそうです。

緑寿庵清水/京都市左京区吉田泉殿町38‐2

URL:http://www.konpeito.co.jp/

ずっと行ってみたかった金平糖専門店の緑寿庵清水へ行けた! 超嬉しいーv(´∀`*v)ピース pic.twitter.com/k7CMx44deK

半月待ちの究極の煉り菓子…『煉』(銀座かずや)

東京・銀座の雑居ビルの一角『銀座かずや』。

ここで作られる「煉(れん)」は、独特なもっちりした食感や口どけが人気の練り菓子。
一番人気の看板商品「かずやの煉」は店頭のみの販売、地方発送もなし、しかも予約完売商品、半月待ちの究極の煉り菓子です。

煉り菓子特有の食感と風味にこだわり、微妙な火加減、タイミングで長時間煉り上げた「かずやの煉」は、まるで洋菓子のようなまったりとした滑らかな舌触りと、口の中に広がる風味が絶妙です。

予約は1ヶ月前から受け付けています。
タイミングにもよると思いますが、購入できるのは半月~1か月後なんて、ざらです。
店主がお一人でなさっているお店なので、生産量が限られています。

常に1ヶ月待ち「銀座かずや」の練り切り「かずやの煉 抹茶」をいただきました。すごい重量感をもった、まったりねっとりした滑らかな舌ざわりで愉しむ、抹茶の上品な風味。旨かった〜。 pic.twitter.com/TP8ayrHSYK

東京・銀座の雑居ビルの一角『銀座かずや』。
約1坪の店に連日多くの人が訪れます。

銀座かずや/東京都千代田区有楽町1‐6‐8 松井ビル1階

URL:http://www.ginzakazuya.com/

銀座、かずや。想像以上にとんでもない所にある。念願の「煉」を購入。 pic.twitter.com/1pFNNPDEdU

1





shimikeさん

いろんなことをまとめていきます。