1. まとめトップ

【光の画家】トーマス・キンケード(Thomas Kinkade)の作品まとめ

光の画家トーマス・キンケード(Thomas Kinkade)についてまとめてみました。

更新日: 2016年02月16日

sm1422さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 10320 view
お気に入り追加

光の画家トーマス・キンケード(Thomas Kinkade)とは?

1958年カリフォルニア・サクラメント生まれ。
光を描く画家として有名な彼の作品は、常に輝かしい光で溢れており、その幻想的な光の表現は高い評価を得ると同時に人々を魅了してやみません。
「人に喜びをもたらすような絵をかきたい」と語る彼の作品は、その言葉通り幸福に満ちた安らぎの空間へと導くパワーに溢れています。

アメリカで最も人気のある作家の一人。彼の著作や彼に関する書籍は120冊を超え、US ディズニーランド50周年記念・ディズニーワールド35周年記念のオフィシャルアーティストにも選ばれました。
見るものの心を癒す暖かな風景を描くキンケードの作品は、常に輝かしい光で溢れ、その幻想的な光の表現は高い評価を得ると同時に人々を魅了しています。
2012年4月に54歳の若さで、惜しくもお亡くなりになりました。

ディズニー公認画家でもあり、シンデレラやラプンツェルなどの日本ではパズル・ポスターで有名です。

1958年1月19日 – 2012年4月6日
Kinkadeの絵の繰り返されている特徴は、彼らの熱烈なハイライトと飽和したパステルカラーです。アメリカの場面絵の非常に理想主義的な値で提出されて、彼の作品は、牧歌的で牧歌的なセッティング(例えば庭、流れ、石の小別荘、灯台と大通り)をしばしば描写します。Placerville(彼の作品が遍在する)の彼の故郷は、彼の通りと雪景色の多くの発想の源でした。彼も、キリスト教の十字と教会を含むいろいろなキリスト教テーマを表しました。

まるで印象派を思わすような作品。渦巻く雲が印象的。

雨で洗われた舗道は、祝祭の輝きをはなつ。
伝統的な街のの平和と落ち着きは、どんな国の中心でもあります。

天の大きくうねる雲は、我々の挑戦にもかかわらず、神がきっとこの土地に主の優美さを与えたと我々に思い出させる作品。9.11に寄付しました。

クリスマスの素晴らしい作品。9.11に寄付した作品。

9/11の悲劇の後、彼は、自由の光と与える季節を描いた。救世軍の爆心地救済基金への収入を寄付しました。全体で、トムはこれらの絵の売上で、9月11日の悲劇の犠牲者のために、200万ドルを集めた。

トーマスは小さな町が好きだった。景色の魅力、彼らの郷土史、彼らの強い共同体意識と家族の遺産との彼らの変わらぬ関係を描いた。

トーマスは石橋の上に歩き何でもないものが興味深いと分かり村をぶらついた発見の場面を作成した。

閑静な門の向こうにある魅惑的な夏の訪れの季節を表した。

太陽が金でわずかな雲に触れて、空色の地中海を豊かなコバルトブルーに塗った作品。

明暗法の彼の巧みに作られた使用から、 光と暗闇との強い対比が素晴らしいです。

この輝いている光は明るくて劇的な最高の一つである日暮れをつくるためにそびえ立つ雲と協力して働くと物事には二面性があると表している。

訪問客のボートで満たされる港の素晴らしい風景が印象的。

恋愛海の風景は、光の影響を捕えることに対するトーマスのふくらむ情熱を表す。
水波の明るい半透明は、内部の火でかすかに光ります。海を通して金色の輝きが印象的。

詩人と画家にとって、バラは愛の花です。トーマスは1ダースの茎の長い花が素敵な夕方のロマンスを高めた時代を数えることができなかったと話す。

作品の中には必ず妻のイニシャル「N」が入っています。

特に人生で救出の神の手に感謝したとき、この絵を描いた。嵐に揺られる帆船に崇高な輝きは雲を抜け、神聖な光が印象的。

アメリカの家庭の20軒に1軒はトーマスキンケードの絵があるといわれています。アメリカでは国民的な画家です。

1 2





sm1422さん