1. まとめトップ

【 都市災害 】猛暑や熱帯夜の原因?本当に深刻なのは地球温暖化でなくヒートアイランドだった

近年の気候変動といわれる問題、地球温暖化、生活の実感にあるゲリラ豪雨、猛暑日、最高気温更新、熱帯夜などの異常気象は都市構造とヒートアイランドといわれる現象が大きく関わっています。

更新日: 2019年03月17日

0 お気に入り 3649 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

uselessidさん

◆ ヒートアイランドについて

日本全体の平均気温は、明治時代頃に比べて1℃程上がっています。しかし、東京や名古屋などの大都市では、3℃以上平均気温が高くなっているのです。

記録的な猛暑といわれる日も、日中で36度だったものが、ここ数年では太陽が隠れる夜でさえ40℃を超える熱帯夜になることがあります。

これも昼間の熱が夜になっても発散されず、蓄積されてしまっていることがわかりますよね。

◆ 東京は100年間で3℃も上昇した

東京は世界の都市の中でも特に温度上昇が激しい

気象庁のある東京都心部では、年平均気温が過去100年間(1911~2010年)に3.02℃も上昇しています。変化傾向だけを比較しても、地球温暖化の約4倍の早さで気温が上昇していることになります。

◆ 観測データの長期変化からみる日本各地のヒートアイランド

主要都市の気温の上昇率は、全般に17地点平均に比べて大きいことがわかる。
年平均気温でみると、17地点平均は100年あたり1.5℃の上昇であるのに対し、東京では3.2℃とおよそ2倍である。

例えば「日本の平均気温は温暖化でここまで上がりました」とするときに、市街地化するほど気温にヒートアイランドの影響が濃くなります。

基本的に観測地は地方含め大小都市になっているためヒートアイランドによる補強が入っている。
都市化率の低い地域で1.5℃とありますが、自然地域の場合1℃前後の変化になります。

現在は約1万年前から始まった自然温暖化の最中ですので、自然の温暖化とヒートアイランドを別に考える必要があるでしょう。

年平均相対湿度で見ると、15地点平均は100年あたり−7.1%であるのに対し、東京では−18.2%と倍以上である。
一方で、水蒸気圧については、有意な変化傾向が見られる都市は少なく、有意な変化傾向が見られる都市においても変化量は小さい。

飽和水蒸気圧とは大気中に含みうる最大の水蒸気量を示す指標であり、気温が上昇するにつれて大きくなる性質がある。
主要都市においては水蒸気圧の変化が小さくても相対湿度の減少は大きいことから、水蒸気圧の減少に加えてヒートアイランド現象の気温上昇に伴う飽和水蒸気圧の増加により、相対湿度が減少している。

◆ 湿度が10%下がっている

◆ 各都市の気温と湿度の変遷

◆ 地方、諸島、自然地域の気温と湿度

八丈島
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=44&block_no=47678&year=2000&month=&day=&view=a2
根室
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=18&block_no=47420&year=2000&month=&day=&view=a2
黒石(白神山地の辺り
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_a.php?prec_no=31&block_no=0167&year=2000&month=&day=&view=a2
神流(群馬 
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_a.php?prec_no=42&block_no=1223&year=2000&month=&day=&view=a2
韮崎
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_a.php?prec_no=49&block_no=1024&year=2000&month=&day=&view=a2
白川
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_a.php?prec_no=52&block_no=1306&year=2000&month=&day=&view=a2
津和野
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_a.php?prec_no=68&block_no=0707&year=2000&month=&day=&view=a2
剣山
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=71&block_no=47894&year=2000&month=&day=&view=a2
高千穂
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_a.php?prec_no=87&block_no=0852&year=2000&month=&day=&view=a2
屋久島
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=88&block_no=47836&year=2000&month=&day=&view=a2
西表
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=91&block_no=47917&year=2000&month=&day=&view=a2

富士山
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=50&block_no=47639&year=2000&month=&day=&view=a2
南極
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=99&block_no=89532&year=2000&month=&day=&view=a2

全体として温度上昇は1℃内であり、あまり変化のない場所もある。
南極は近年温度が下がっている。湿度もほとんど変化していない。

◆ 世界の各都市

世界各地 


ベルリン/テンペルホーフ空港
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=10384&p=999&s=3&r=2&y=2015&m=12&e=0&k=0
ウィーン
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=11035&p=999&s=3&r=2&y=2015&m=12&e=0&k=0
モスクワ
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=27612&p=999&s=3&r=2&y=2015&m=12&e=0&k=0
リスボン
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=8535&p=999&s=3&r=2&y=2015&m=12&e=0&k=0
アンカレジ
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=70273&p=999&s=3&r=4&y=2015&m=12&e=0&k=0
ニューヨーク
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=72503&p=999&s=3&r=4&y=2015&m=12&e=0&k=0
ウラジオストク
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=31960&p=999&s=3&r=1&y=2015&m=12&e=0&k=0
タシケント
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=38457&p=999&s=3&r=1&y=2015&m=12&e=0&k=0
ラホール -パキスタン
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=41640&p=999&s=3&r=1&y=2015&m=12&e=0&k=0
ニューデリー
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=42182&p=999&s=3&r=1&y=2015&m=12&e=0&k=0
ウランバートル -モンゴル
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=44292&p=999&s=3&r=1&y=2015&m=12&e=0&k=0
カオルン(九竜) -中国(香港)
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml.php?&n=45004&p=999&s=3&r=1&y=2015&m=12&e=0&k=0

◆ 埼玉県の平野部が暑くなる理由

特に冬の気温への影響が大きいのですが、夏でも 最低気温を上昇させることで、最高気温が高くなりやすい状況をつくり出しています。

また、高温や、局地的な集中豪雨との関連から、都市の環境問題として注目が集まっています。

◆ 大阪府のヒートアイランド現象

市街地の高温化、市街地域外は黄緑のまま。
これをそのまま平均気温にすると、郊外は市街に引っ張られる形で結果的に平均気温数値は上がる。
つまりヒートアイランドと温暖化の混在になります。

1 2 3 4