1. まとめトップ

SMAP解散後の旧メンバーの動きは  多くの記事集

あの解散騒動以来、きな臭い話しが洩れ伝わって来るがヒーロー役の「キムタク」以外は、完全に冷遇されると言われているジャニーズの処遇。そんなヒーロー「キムタク」に逆風が起こっている。

更新日: 2017年08月18日

7 お気に入り 412889 view
お気に入り追加

稲垣吾郎 ここ1年の自身について嘆き「どんどん幼くなってきちゃう」

17日深夜放送の「ゴロウ・デラックス」(TBS系)で、タレントの稲垣吾郎が、自身の現状について嘆いた。

番組では、作家・三島由紀夫氏を取り上げ、作家の岩下尚史氏がその半生を解説した。その中で、三島氏の死生観が話題にあがった。三島氏は、1970年に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺をしている。享年45歳。

三島氏は「浪漫主義的な悲壮の死」を実現するために自らの肉体改造を行なったそうだ。岩下氏は、三島氏の作品は「どれも『死』がテーマ」になっていると主張し、自分の死のあり方といつも向き合っていたと強調する。

来年で三島氏と同じ45歳になる稲垣は、三島氏の死生観に圧倒されたのか「どうしましょうか。僕たちは」と自問した。稲垣は、子どもの頃に描いていた40代と現実に乖離があるそうで「(40代は)すべて理解して、悟って、余裕があって、生き方もわかってて、人に優しくて」と理想の人間像を列挙した。

しかし、それとは対照的に「(現実は)どんどん幼くなってきちゃう」「どんどん頼りない自分自身が」と現状を悲観視したのだ。稲垣によると、それを実感し始めたのは「ここ1年くらいですね」と打ち明けていた。なお、稲垣が所属していたSMAPの解散騒動が注目されたのは昨年の8月のちょうど1年前にあたる。

稲垣の疑問に、岩下氏は「行動するしかない」と、悲劇の死を目指して自ら肉体改造を行なった三島氏のように、稲垣が自分自身で何か行動するしかないと諭していた。

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

木村拓哉 金八オーディション落選にネットも驚き 浅野忠信明かす

俳優の浅野忠信が17日にTBS系で放送された「櫻井・有吉THE夜会」に出演。自身が出演していたTBS系ドラマ「3年B組金八先生」のオーディションで元SMAPの木村拓哉が落ちていたことを明かし、ネットでは「初耳」「驚き」と話題を呼んでいる。

番組では浅野をゲストに迎え、芸能界での交遊録についてトーク。浅野のインスタグラムに投稿された有名人との2ショット写真などを紹介したが、その中に武田鉄矢とのショットもあった。

 浅野と武田は今年1月に放送されていた「A LIFE〜愛しき人」で実に29年振りに共演したという。浅野は武田が主演した「3年B組金八先生」に出演していた過去があり「一応クラスの一員でレギュラーだったんですけど、主人公をやるような回は無くて名前はもらっているんですけどフラフラしていた」と苦笑。29年ぶりの共演に「またTBSの連続ドラマで感慨深いものがあった」と語った。

「A LIFE」は木村が主演だったが、浅野は「木村さんがこの時に話して下さったのが、『俺、金八のオーディション落ちてるからね』って」と、木村も金八先生のオーディションを受け、落ちていたことを明かし「木村さんも受けてたんだ!って。びっくりしました。(合格が)俺で良かったのかなと」と、振り返った。

 この事実にネットも驚きの反応。「キムタクが金八先生のオーディション落ちてたとか初耳」「キムタクが受けてたのってマジ?」「キムタクは金八先生のオーディションに落ちていた」「意外」などの声が上がっていた。

 なお浅野が出演していたのは1988年からの第3シリーズ。浅野の他、元SMAPでオートレーサーの森且行、V6の長野博らが出演していた。

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

「独立」一転「残留」で孤立した中居、交友関係深まる溝 さんま共演『今夜も眠れない』放送なしで飛び交う憶測

元SMAPのタレント、中居正広(44)が孤立を深めている。独立と目されていたが一転、事務所への残留を決めたことで、これまでの交友関係に深い溝が生まれているのだという。

 今年9月に放送されるフジテレビの27時間テレビ。今年は、深夜の名物コーナーだった明石家さんま(62)と中居による「さんま・中居の今夜も眠れない」が放送されないことになった。

これは2人が息もピッタリのトークをみせるコーナー。「さんまがこの1年で気になった女性を発表する『ラブメイト10』がメーンだが、さんまのトークを中居がたくみにさばくコンビ芸だった」とテレビ誌編集者。

 さらに「さんまが降りたという話もあるが、実質は木村拓哉(44)と近いさんまと、中居が、それぞれに距離をとっているということです」と続ける。

 さんまは、これまで中居とも木村とも番組で共演していたが、SMAPの解散騒動以降、木村との距離を近づけていた。今年4月には木村との「さんタク」が放送されているほどだ。「中居にも、どこかわだかまりがあるようです」(芸能関係者)。

 さらに、中居は“SMAPの育ての親”と呼ばれる元マネジャー女史とも距離を置いているのだという。

 独立騒動をめぐっては木村以外の中居、香取慎吾(40)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)の4人は事務所を出て、マネジャー女史に合流すると目されていた。しかし、最後の最後に中居がとった選択は残留だった。

「香取は女史に心酔していたが、中居はもともとそこまでは近くはなかった。むしろジャニー喜多川社長の誕生会にも、SMAPで唯一出席するなど“本体”に近かったぐらい。マネジャー女史が描く独立後のビジョンにも乗り気でなかったようです。結局、今後、行動をともにする可能性は低くなっています」と女性誌編集者。

 マネジャー女史側にしても、当初の想定とは違ってきたため、スポンサーサイドと不協和音が生じているとも伝えられており「中居に対して不信感もあるようです」(前出・女性誌編集者)。

 このため香取、稲垣、草なぎとも今後、疎遠になってしまうおそれすらあるというのだ。「こうした状況は、中居には不本意のようですが、残留を決めた時点で、ある程度の向かい風は覚悟していたそうです」(同)。

 最後は、ひとりで歩いていくしかないのか。

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

「ダブル主演ではなく、主演は木村拓哉!」二宮和也との共演映画でジャニーズ猛抗議?

元SMAPの木村拓哉が主演する映画『検察側の罪人』(2018年公開)の撮影が順調に進んでいる。木村が演じるのは、東京地検のエリート検事・最上。その後輩・沖野を演じるのは、嵐の二宮和也だ。木村と二宮が俳優として共演するのは本作が初めてだが、裏で2人の扱いについて、ひと悶着あったという。芸能記者が明かす。

「一部メディアが“木村と二宮のダブル主演”と報じたところ、ジャニーズ事務所から『ダブル主演ではない、主演は木村です!』と、強い抗議があったというんです」

 確かに公式な発表では木村が主演であり、二宮はあくまで二番手の出演者という扱いだ。ジャニーズサイドの言い分はまったくおかしくないのだが、わざわざ抗議をするほどではないという声も上がっている。

「これくらいであれば、ジャニーズといえども、スルーすることは珍しくない。でも、木村については、話は別。SMAPの解散騒動でイメージが悪くなり、人気低下がささやかれている中、一部では“二宮ありきのキャスティング”だったのではないかともいわれていましたからね。“木村の格が落ちた”みたいな表現はNG。ジャニーズとしては、木村の絶対的地位が崩れるなんてあってはならないことので、しっかりくぎを刺したのだと思います」(同)

 ジャニーズがここまで木村の存在感を主張するのには、ワケがある。

「解散騒動で、木村は、ジャニーズの女帝であるメリー喜多川副社長側につきました。飯島マネジャーがいた頃の木村は、ジャニーズ内では“傍流”でしたが、解散騒動を経てメリー副社長直系の“本流”となったわけです。今なおジャニーズ事務所は、メリー副社長の影響力が絶大ですからね。メリーさんの肝いり案件となった木村は、飯島派時代よりも、業界的には、かなり扱いにくい存在になっていると思います」(同)

ジャニーズは木村の“格”を強調していくのかもしれないが、その一方で、今年4月公開の主演映画『無限の住人』は、お世辞にも大ヒットと呼べるような興行収入ではなかった。

「どう考えても、木村の人気はピークを過ぎています。にもかかわらず、ここにきてジャニーズが木村をプッシュするというのは、愚策にほかならない。業界内でも“数字を持ってないキムタクに、気を使う必要はないな”と、ジャニーズからの圧力を無視し始める関係者も増えているとか。このまま“キムタク天下”の状況を続けるというのであれば、木村の不人気とともに、ジャニーズの影響力も低下していくのではないかといわれています」(同)

 もし『検察側の罪人』が大コケしたら、「主演・木村拓哉」が戦犯となることは間違いないだろう。「“二宮とのダブル主演”ということにしておけば、よかったのに……」とならなければよいが……。

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

「スマステ終了」香取慎吾、もう一つのレギュラー番組が続行の深いワケ!

元SMAPの香取慎吾がMCを務めるバラエティ番組「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)が、9月いっぱいで終了すると各スポーツ紙が報じ、注目を集めている。その一方で、香取がレギュラー出演するバラエティ番組「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)は継続されるという。

「9月8日で事務所を退所することが決まっている香取は現在、『スマステ』と『おじゃMAP!!』の2つのレギュラー番組を持っています。これらの番組は、香取が過去に所属したSMAPの名前をもじった番組名だったため、当初は両方とも打ち切られると思われていました。しかし『おじゃMAP!!』だけは、10月以降も放送を継続することになったようです」(テレビ誌記者)

そんな中、8月2日発売の「週刊新潮」が、香取の「おじゃMAP!!」続投の内幕を報じた。今回、番組の継続を求めたのは意外にもジャニーズ事務所の方だったという。

「記事によると、『スマステ』の終了が最初にスポーツ紙で取り上げられた際、『事務所の圧力ではないか?』とSMAPファンからの怒りの声が殺到。これを知った事務所サイドは、イメージ悪化を懸念して、番組継続をフジに根回ししたというのです」(芸能記者)

「スマステ」開始から15年を迎えた昨年は「番組を続けたい」と語り、生放送を楽しんでいた香取。そして今年は隠し子報道が出た際も、すぐに番組で否定するなど、自分の意思表示を常に番組で行ってきた。

 だがジャニーズは、そんな香取の影響力を恐れて「スマステ」だけは何としても終わらせておきたかったのかもしれない。

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

元SMAPに新展開、香取はパラリンピックで草なぎはお酒CM

鮮やかな色づかいで描かれた太陽や海、富士山、桜、笑顔は躍動感であふれている。東京・赤坂にある『パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)』には、香取慎吾(40才)が制作した、縦2.6m×横4.6mの大きな壁画が飾られている。

「パラリンピックにかかわる選手やスタッフにエンジョイしてほしいという思いを込めて描かれたものです。本人も絵を描くのが好きですし、この絵は関係者から高く評価されています」(芸能関係者)

 その豊かな才能が、今後の香取の活躍の幅を広げていくことになりそうだ。SMAP解散から約8か月が過ぎ、香取と草なぎ剛(43才)、稲垣吾郎(43才)の3人が所属事務所から独立するまで1か月を切った。

「独立のタイミングで“3人のレギュラー番組は打ち切られるのでは”という噂が報じられたこともありましたが、ほとんどの番組は存続という結果になりました」(テレビ局関係者)

しかし、香取が出演してきた『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)は、9月いっぱいで終了する。

「香取さんにとって、後番組がドラマということが少なからずショックだったようです。というのも、ドラマは放送のだいぶ前にキャスティングを始めるもの。つまり、ドラマ決定はスマステの打ち切りがだいぶ前に決まっていたことを示すからです」(前出・テレビ局関係者)

 これから3人が活躍する姿を見る機会が減るのではないか――そんな心配をするファンも多いが、3人はそれぞれ、自分の得意な分野での新しい挑戦が見られそうだ。その1つが、2020年の東京パラリンピック。

 もともとSMAPはパラサポの公式応援サポーターだった。2年前に就任すると、中居正広(44才)が「SMAPの“P”はパラリンピックの“P”」と盛り上げた。冒頭で紹介した壁画も、その縁で香取が描いたものだった。

「ただ、SMAPが解散してしまったので、予定されていた応援サポーターとしての活動計画は白紙になってしまいました。抜群の知名度をいかしてパラリンピックの認知度向上に貢献してもらっていたので残念です」(パラリンピック関係者)

 しかし、ここへきて事態が動いているという。

「パラサポのメーンスポンサーである日本財団は、このまま手伝ってほしいと熱望しています。そこでキーマンになるのが、6月末にフジテレビを退社したSさんです。彼は『SMAP×SMAP』の元スタッフです。実はこのSさん、日本財団会長の息子さんなんです。2年前にSMAPが応援サポーターになったのも、Sさんの働きかけがあったからといわれています」(スポーツ紙記者)

 Sさんが懸け橋的な「強力助っ人」となって、元SMAPメンバーはこれからもパラリンピックとかかわっていきそうだ。

「特に、あの壁画は象徴的な存在。香取さんのアーティスティックな才能と天性の明るさに期待する声が自然とわき起こり、今後、パラリンピックの顔として活動していくことになりそうです。木村拓哉さん(44才)や中居さんたちにも応援サポーターをやってもらえたら…と関係者は考えているようで、夢は広がりますね」(前出・スポーツ紙記者)

 香取以外のメンバーも、新たな一歩を踏み出そうとしている。

「草なぎさんは10月からの新CMが決まったそうです。しかも、アルコール飲料だとか。撮影はこれからだそうで、草なぎさんにとって、あの泥酔騒動以来、初めてのお酒のCMです。SMAP時代とは違った、新しい一面が見られるかもしれません」(前出・芸能関係者)

 SMAPは形を変えても、1人1人の輝きは褪せない。

※女性セブン2017年8月24・31日号

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

1 2 3 4 5 ... 161 162





いつも明るくを念頭に元気に頑張っています。

このまとめに参加する