1. まとめトップ

大分で重宝されてきた伝統食材たらおさ

大分県の郷土料理の材料でたらの消化器を乾燥させた、たらおさ、の紹介まとめです。

更新日: 2018年12月03日

3 お気に入り 2804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

おいしい郷土料理です。

moepapaさん

たらおさとは

たらおさ(鱈胃)とは、鱈のえらとか消化器の干物で、日田のお盆に欠かせない煮物に使う伝統食材です。
水で戻し、適当な大きさに切ったものを醤油や砂糖とともに甘辛く煮込んだ煮物が一般的な食べ方で、大分県日田地方で、お盆には欠かせない料理であり、現在でも各家庭で作られている。

料理利用

水で戻したたらおさをタケノコやこんにゃく、ごぼうやサトイモなどと、水、醤油、砂糖で煮て甘辛く仕上げます。

たらおさ 大分県日田市で主に食べられる「鱈」の鰓(えら)を使った保存食です。 魚が手に入りにくい内陸部では僅かに手に入る魚を余す所なく食べようという先人の知恵ですね。 pic.twitter.com/sCeAFfyKht

普段の食事でも出ますし、祝いの席などでも。昔からなじみのある料理となっています。

大分県日田市の怪食材の「たらおさ」です。同市出身の広瀬県知事の好物です。 #たらおさ ift.tt/2MRligN pic.twitter.com/TmWRFVuoLi

1