1. まとめトップ

【アベノミクスが窮地に】日経平均株価の下落はいつ止まるのか?

2016年に入ってから2月12日までに日経平均は4000円超下落しています。一ヶ月半の下落率としてはリーマンショック、ITバブル崩壊、東日本大震災後の暴落等々、歴史的な下落に匹敵するものになっています。いったいなぜこうした下落が起こっているのでしょうか。

更新日: 2016年02月14日

0 お気に入り 589 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nightrangerさん

2016年のマーケットは近年に無い波乱の様相を見せている

アベノミクス相場の3年強で約12000円上昇した日経平均ですが、、、

昨年6月の高値20,900円から半年余りで約6,000円の下落。

値上がりの半分を失った形になります

今回の下落については様々な理由が挙げられています

中国の景気低迷。いわゆるチャイナショック

原油を始めとする資源価格の大幅下落

2015年12月の米国による利上げ実施

しかし、決め手となる原因は見当たらず、これらが複合的な要因として今回の暴落は起こっています

アベノミクスはバブルだったのか

一方で景気循環説を唱える専門家の説には説得力があります

彼によると今回の下落でドル円は100円程度までは円高になるとのこと。

一方でその後は十年タームで空前の円安局面が来るそうです

1 2