1. まとめトップ
  2. おもしろ

■  毎年恒例となったオタク川柳大賞ノミネート作が発表された!

毎年恒例、「あなたが選ぶオタク川柳大賞」(インターリンク主催)のネット投票が始まりました。今年も力作・珍作がそろっています。

最終選考を通過した20作品には、顔文字だけの川柳、英語のみで構成された世界に発信できる川柳、オレオレ詐欺撃退川柳、松岡修造オタク、時事系、アイドル系(オタ芸)、ゲーム系、アニメ系、腐女子系、ロマンティック系などが選出

語呂だけのものだったり、Twitterでネタになったもの、鉄道もの、アキバ系オタクのあるあるだったりと、ある意味バラエティに富んでいます。

約8500件の応募作品から選ばれた最終候補20作品から、一般投票で大賞を決定します。

■ わかる人には伝わる!オタクに関する高度な知識が短文に込められたオタク川柳!

オタク川柳とは株式会社インターリンク主催の川柳コンテスト。通常の川柳とは異なり独特な表現や言い回しなどを用い、オタクに関する高度な知識と日本の伝統的な文化が融合した全く新しい文化

第1回から第3回はIT川柳でしたが、第4回からはオタク川柳になり今に至っています。それと合わせて「にゃこ式部」という「猫耳キャラ」の2次元(絵)、3次元(コスプレ)のコンテストも行われています。

昨年は応募数16,183作品と過去最高!

■ そんな中「壁ドンをやってくれるのルンバだけ」が大賞に輝いた!

過去最高の応募数16,183作品となった本大会。最終選考を通過した20作品から、投票総数5,132の一般投票によって各賞が決定

大賞は、「壁ドンをやってくれるのルンバだけ」ここで言う「ルンバ」とは、アイロボット社の掃除機ルンバ(Roomba)のことですヨ。

2014年オタク非オタクの壁を乗り越えて流行ったワード「壁ドン」を見事に取り入れ、かつ哀愁を漂わせる傑作。

「壁ドン」は、男性が女性を壁際に追い詰めて甘い言葉をささやくシーン。女性向け漫画やアニメ、恋愛ドラマで描かれ、流行語にもなった。

■ 第11回もなかなか濃い川柳がっ!今年のノミネート作をちょっとだけご紹介!

今回は第11回で、いつものことではありますが、ジャンルがジャンルなだけに「わかる人でなければわからない」ような、なかなか濃い川柳が多い

■  六つ子に萌える女子が激増しているアニメからの川柳!

「おそ松さん」を絡めた作品は非常に多く、現在のおそ松ブームはオタク川柳にも波及

故赤塚不二夫さんの代表作「おそ松くん」を原作としたアニメ「おそ松さん」がテレビ東京系で放送され、人気を博している。

名作ギャグマンガ&アニメ『おそ松くん』の“数年後”がコンセプトとなっている本作では、20歳を過ぎた6つ子たちのドタバタな日常がユーモアたっぷりに描かれている。

■ カレンダーが話題となった松岡修造さんの句もノミネート!

1 2 3





chat01574さん