『Voice』の12月号にケント・ギルバート氏が寄稿した一文の冒頭に、私が全く言ったり書いたりしていない内容のことをあたかも私の主張であるかのように記述した部分がありました。こういった発言の捏造は明らかに物書きとしてのルール違反ですし、私としても大変迷惑していますので、厳重に抗議しておきたいと思います。以下は、『Voice』編集部に送った抗議メールの内容です。

出典Voice12月号のケント・ギルバート氏の論説について - 梶ピエールの備忘録。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ケント・ギルバートさんに「捏造」疑惑が→「お詫びと訂正」→「実はゴーストライターが」って...

「疑惑」というよりも...というかんじですが、とりあえず記録。/「お詫びと訂正」が出ましたが...「正しくはKAZUYAさんでした」って...

このまとめを見る