お詫びと訂正

『Voice』2015年12月号(および電子版)でのケント・ギルバート氏「チベット人虐殺こそ世界記憶遺産に」内69ページ上段10行目「神戸大学の梶谷懐先生」の記述は、編集制作過程で生じた誤りでした。正しくは「ユーチューバ―(YouTuber)のKAZUYAさんこと京本和也氏」でした。訂正するとともに、梶谷先生並びに関係者に多大なご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。

出典『Voice』12月号掲載ケント・ギルバート氏記事について | Web Voice

執筆過程や編集過程がどうなってるかは素人なので全然わかりませんが、中国専門家の「梶谷懐先生」と「KAZUYAさん」って全然互換性がなさすぎというか...本当に間違えたのだとすると、何をどう間違えたのかこの「お詫びと訂正」だけじゃ全然わかりません...好意的に想像すると、ケント・ギルバートさんが「KAZUYAさん」を「カズヤさん」とか「カジヤさん」と書いて(PRCとヨーロッパの話を「KAZUYAさんによると」で書いちゃうの?ですが...)、編集部が「中国の話だから梶谷さん?」と思い勝手に「神戸大学の梶谷懐先生」としたとか?でも、これでもひどすぎなんでやっぱもう少し何かあるんでしょうか?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ケント・ギルバートさんに「捏造」疑惑が→「お詫びと訂正」→「実はゴーストライターが」って...

「疑惑」というよりも...というかんじですが、とりあえず記録。/「お詫びと訂正」が出ましたが...「正しくはKAZUYAさんでした」って...

このまとめを見る