1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まこっぴさん

2007年に起きた沢尻エリカの「別に・・」発言の内容を振り返ってみる・・

2007年9月29日、

自身が主役を務めた映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶での出来事。

ふてくされた態度で「別に」というセリフは有名

更に進行役の女性がフォローした言葉も気に入らなかったようで

沢尻さんが睨みつけるシーンも

2007年、主演舞台の挨拶で横柄な態度を取り大バッシング。

インタビュアーの質問に「特に無いです」「別に」などの返し、果てには相手を睨みつけていました。これ以降、性格が悪いというイメージが世の中で定説となってしまいました。

同じ事務所の先輩である竹内結子さん、映画監督が看板を持っている中、沢尻さんは一人だけ腕を組み不機嫌な表情です。



また映画宣伝のための舞台挨拶で司会の人から色々話しを振られるのですが、結局沢尻さんが話す言葉は3言だけです。



・「皆さん今日はどうもありがとうございました」(不機嫌な表情で)

・一番思い入れのあるシーンはと聞かれ「特に無いです」

・どんな思いでクッキーを焼かれたのかと聞かれ「別に」

この時、同じ事務所で、

一緒に参加していた竹内結子さんも、さすがに苦笑い。



これを機に、

沢尻エリカさんが一時期、

かなりのバッシングを受けた

当時、沢尻エリカさんへの取材件数は、

160件超え。



加えてテレビ出演にも出なくちゃ行けなくなり、

精神的な疲労もピークに

当時は仕事がかなり忙しくなったことから精神的にピークになっていたことが原因だと思われていたが・・

沢尻エリカが20歳のころ。
普通の女性なら大学に通っているころです。
前年の映画のヒットやゴールデンアロー賞受賞で若手女優として注目を集めた沢尻エリカには、主演を含む5本もの映画の話が舞い込みます。
映画の撮影と言えば、セリフを覚え役作りをし、さらに拘束時間も長くかなりの重労働

これだけならまだよかったのですが、勢いに乗る形で歌手でビューの話も来ます。
「タイヨウの歌」という曲だったのですが、このデビュー曲にしてもボイストレーニング、初めてのレコーディングと相当な負担を強いられたはずです。

連日夜遅く自宅に帰り、女優である以上自分に対するメンテナンスも済ませ、さらにセリフを覚え、差し入れの準備と言うのは想像を絶する忙しさだった

しかし事実は違っていた!!沢尻エリカを怒らせたのは竹内結子だった・・

竹内は07年、沢尻エリカ(29)が映画の舞台挨拶でふて腐れ、「別に‥‥」と言い放った、あの騒動の“陰の仕掛け人”だったという。

当時を知る映画関係者が語る。

「会見でド派手なキャミソールに金髪のカツラをかぶった沢尻さんを見て、
共演者の竹内さんは原始人が主人公のアニメ『はじめ人間ギャートルズ』に例えて、『ギャートルズみたいでかわいいね』と皮肉った。
その結果、舞台挨拶中にジワジワ怒りが込み上げてきた沢尻さんが暴走したようなんです」

はじめ人間ギャートルズとは?

1 2