1. まとめトップ

反射区とツボの違いについて【意外と奥の深い足裏健康法】

足の反射区と足のツボの違いについて簡単に説明してます。足で本当に疲れが解消するのでしょうか?ちょびっとスピリチュアルで信じていないなんて方もいるかもしれませんね。。。でも意外と効果があるんですよ。元々、考案者が医師なので根拠もあるんです。

更新日: 2016年08月29日

gojalさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 25837 view
お気に入り追加

◆ 足ツボと足の反射区の違いについて

足の反射区と足ツボは一緒にされがちですが実は違います。インターネットで検索してもなかなか正しい情報が出てきません。

反射区もツボも一緒の扱いになってしまっています。

反射区は足裏に全身(頭から足先まで)に効果が反射する部位(区)があると言われています。アメリカの医師が最初に考案した治療法と言われていますので西洋医学的な要素を含んでいます。この反射区が注目されるきっかけになったのは足裏だけで全身に効果を及ぼすことが可能だからと言われています。

ツボは全身どこにでもあります。足だけに限局するものを足ツボと呼びます。足は全身を支える部位ですので疲労や冷え性などに関係するツボが存在します。反射区と異なる点はどこか身体の一部に刺激の効果が伝わるのではなくて、疲れなどの症状に対して効果があります。

◆ 足の反射区は刺激すると効果がその部位に反射します。

「リフレクソロジー(reflexology)」の語源は、reflex(反射)+ology(学問)。 一般的には「反射療法」と訳されます。「反射区」とは各器官や内臓につながるといわれる末梢神経 の集中個所のこと。 日本では足裏健康法として認知度も高く、特に足を強めに刺激することで人気 の「台湾式リフレクソロジー」は「足つぼマッサージ」「足裏マッサージ」とも呼ばれています。

反射区の施術を行う事をリフレクソロジーと呼びます。全国どこにでも施術を行うお店があります。テレビで見る「痛い!」といったものから『えっ?!気持ち良いんだけど・・・』と言った施術まで盛り沢山です。

反応が早いことを「反射神経が良い」と言いますが、この反射神経は実際は存在しない神経です。反射と言う反応は情報が脳に到達する前に勝手に身体が反応してしまうことです。有名なものは膝の四頭筋腱反射が有名です。これらの反射と反射区は全く別物になります。

足の反射区を記した図になります。

反射区で有名なのは足裏ですが、実は全身すべてどこにでも反射区は存在します。足裏が注目される理由は全身で一番、末端にあり全身を支えている部位なので負担が多いからです。

「反射区」とは各器官や内臓につながるといわれる末梢神経の集中個所のこと

◆ 誰が見つけたの?

リフレクソロジーの起源
リフレクソロジーの起源は古く、エジプト時代からともいわれますが、近代の形にまとめられた最初はアメリカであるといわれています。

アメリカ人医師ウィリアム・フィッツジェラルドが、痛みを和らげるためのセラピーを研究した「ゾーン・セラピー」という本を発表しました。それがイギリスやドイツなどヨーロッパへ広がり、さらには台湾や中国などアジア圏にも浸透していったといわれています。リフレクソロジーが世界各地で広く活かされているのは、こういった背景があるためです

ゾーンセラピーを参考に理学療法士の方々が考え出したのが現在の反射区と言われています。

技術力が高くて有名は足の反射区の施術のお店の施術動画になります。

◆ ツボは刺激すると体調に変化を及ぼします。

足にあるつぼを記した図になります。

リフレクソロジーと足つぼの考え方は、異なります。

リフレクソロジーは、「手・足・顔など体の末端に、全身の臓器や器官などが反映されている反射区(エリア)が存在し、反射区を刺激することで全身のバランスを整え、機能回復をはかると共に、リラクセーションを促します。メンタル面のケアにも効果が期待でき、自然治癒力や免疫力などの向上にも効果をあげる」と考えます。一方足つぼマッサージでは、「ツボは全身にあり、経絡という流れとつながっている。足裏にもツボはあるが、その数は少なく、足裏への施術であっても、全身のマッサージの一部としてとらえる」とされています。

足裏を刺激することによって、健康への手助けをするという点は同様ですが、その施術方法には大きな違いがあります。

リフレクソロジーは足裏の反射区(ゾーン)を刺激しますが、足つぼマッサージは足裏にある反射点(ポイント)を刺激します。

◆ 足のツボについて

足の裏で一番有名なツボは勇泉です。疲労回復に効果的で万病のツボとも言われています。

リフレクソロジー(足裏マッサージ)とは?反射区部位ごとの効果を図解。ツボの解説やよくある質問と回答

ツボも全身になりますがツボは「肩こり」「腰痛」「花粉症」「坐骨神経痛」など症状に合わせて効果のある部位が異なるので足裏だけでみるよりは全身で見る方が効果的です。

ツボで人気なのは『冷え性』のツボです。特に冷え性の女性は必見です。冷え性は老化を早めるとも言われますから改善させておきたい症状の1つですね( *´艸`)

◆ フットケアとリフレクソロジーや足ツボなどは違いがあるの?

フットケアと言うのは足の手入れになりますのでリフレクソロジーや足ツボもフットケアに含まれます。

しかしリラクゼーション業界ではフットケアは角質除去の事をさすことが多いと言われています。

◆ フットケアの歴史

フットケアの発祥は18世紀初頭。ハイヒールがヨーロッパで大流行した際、女性のみならず男性貴族までもが競ってハイヒールを履いたため、慣れない靴に足を痛める人が続出したことがきっかけとなり、足の治療であるフットケアがドイツで誕生しました。
日本でも戦後ファッションの欧米化が進み、ハイヒールなどの靴の影響で足のトラブルが増加。数十年前に本格的なフットケアが行われるようになったとされています。
足のおしゃれが楽しめるようになった一方で、高いヒールや自分の足に合わない靴を履くことが悪影響を招きトラブルが増加し、フットケアの需要が高まり浸透してきました。

フットケアはドイツ語で「Fusspflege(フレスフレーゲ)」といい、「Fuss=足」「Pflege=手入れ」を意味しています。「足のトラブルのほとんどは靴に起因する」という考え方から、「足と靴は一体である」ともいわれています。
小さいサイズの靴は足を圧迫し、逆に大きいサイズの靴は靴の中で足がずれることで摩擦を起こしてしまいます。そして圧迫や摩擦から守るために肌の角質が硬くなり、たこに芯ができ痛みを引き起こすなど、合わない靴を履くことはさまざまな症状の原因となるのです。また、足の痛みを我慢して歩き続けることで腰痛、膝の痛みなど、一見足と関係がないように思われる別の箇所の症状を悪化させてしまうことも。こういった、主に靴と足のずれから来る症状を改善し、美しく健康な足に導くのがフットケアです。

1





いろいろな雑学などをわかりやすくまとめていきます。健康情報からIT情報まで幅広く取り扱っていきます。専門は健康情報になります。

このまとめに参加する