1. まとめトップ

健康に痩せる!「1日おき断食ダイエット」インターミテント・ファスティング

「1日おき断食」というもののダイエット効果や健康効果が凄まじいと噂になっているようです。さて、その方法とはどのようなものなのでしょうか?「1日おき断食」「プチ断食」

更新日: 2017年06月13日

37 お気に入り 50811 view
お気に入り追加

絶対痩せて健康になれる「1日おき断食」ダイエットが熱い!

1日おき断食を開始して2週間で、体重変化なし、体脂肪率は2パーセント減った! #1日おき断食

本気で痩せたい人が習慣化してる1日おき断食

「断食の日」と「食べる日」を1日ずつ繰り返す方法です。体重が減り始めている時期は絶大な効果が期待できます。単純に摂取カロリーを半分に抑えることができますし、「食べる日」は食事制限の必要はありません。

断食日以外の日は何でも好きなものを食べられるので、継続しやすく気軽に行えるというのがメリット

絶食することによって、体が砂糖や炭水化物を燃やす状態から、体脂肪を主な燃料として燃やす状態に変化する

1日おきに「断食」と「通常の食生活」を繰り返す!

「インターミテント・ファスティング」と呼ばれているそう。
「断食の期間」と「通常の食生活の期間」を繰り返すことで行う、断食の新しいスタイル。

減量、筋力強化、強いては”健康”全般にすぱらしい効果が期待できるということで、とても人気が高まっています。

1日おきの断食でゆっくりと体重が減った結果、悪玉のコレステロール値が下がり、それに伴って心臓病などのリスクも徐々に下がったという報告も。

現代人は食べ過ぎ

101歳でロンドン・マラソンを完走したインド人男性に長生きの秘訣を訊くと、
「普通の半分だけ、子供サイズを食べることだ」と言われる。
アメリカでも、例の大恐慌で国民がひもじかった30年代には、平均寿命が6年延びたそうだ。

ダイエットだけでなく健康効果も◎

「栄養失調ではない低栄養」状態は、動物の癌において生存率を継続的に向上させ、全体的に寿命を30%までも伸ばす

スペインの養老院で、1800キロカロリーの食事を毎日与えたグループと、1日おきに断食させたグループを比べたら、1日おきに断食した老人たちが、圧倒的に長生きした

負担が大きいので、断食を24時間以上は続けないのがポイント

一日おきに交互に繰り返すと言うのがミソで
断食に慣れてくると2日連続で断食行けそうになるがそれは絶対やめる
2日連続とか絶対ムリだし失敗したときの挫折感がハンパない

長くても24時間までの断食としています。
食べないというのはかなり心理的な抵抗がありますし、人によってはストレスが大きいでしょう。

弁護士のポール・フセインさん(41)は肥満で、糖尿病を患い、2012年にはポリープと潰瘍を原因とする胃痛に悩まされていたという。週に2日間のカロリー制限法を始めたものの、2日間ほとんど食べないことが難しく、うまくいかなかった。そこで1日おきに制限しようと決めた。

フセインさんの体重は50ポンド(約23キロ)減り、糖尿病の薬も必要なくなった。胃潰瘍も消えたという。

お腹がすいてしょうがない時は、豆乳を飲もう。

出典lmaga.jp

生理前の以上食欲の抑制にも効果あり!
食べる量を抑えられるうえに、美容効果も大きいのでおすすめ。

断食中は糖の代わりに、脂肪が消費される!…のだけど。

食事制限で、エネルギー源である糖質が入ってこないと、体脂肪を代替エネルギーとして利用します。そのときに分解された脂肪酸や、発生した乳酸が体臭の原因に。汗や皮脂とともに体外に出ると、脂っこいような、汗臭いようなにおいを発します。

エネルギー不足の状態が続くと、代謝がうまくいかなくなり、「ケトン体」という物質が血液中に増えていきます。これも強烈な匂いの原因となり、甘酸っぱいツーンとしたにおいを放つようになる。

ケトン体の臭いを消すためには「適度な運動」と「クエン酸」

1 2 3





OLです(p*・ω・`*q) ♪

このまとめに参加する