1. まとめトップ

朝りんごは「金」りんごは朝食べるいいと言われる驚きの効果とは?

英国には、「朝は金なり、昼は銀なり、夜は銅なり」という言葉があります。これは一日のうちで果物を食べるのによい時間帯を、オリンピックのメダルと同じく3段階評価したもので、果物は朝食べるのが最も体に良いというわけです。

更新日: 2016年02月16日

26 お気に入り 170372 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

白狐さん

朝食にいろいろな食べ物をたくさん摂り入れるより、
りんごだけにした方が、
体内のお掃除が早く終わり、
栄養素を吸収できる状態に体が整うスピードが速いです

りんご(300g)1個で140kcalほどと、低カロリーなのも魅力の一つだ。
「朝食に菓子パンやおにぎり」という生活を送っている人には、朝食をりんごにすることは体にいいことはあっても悪いことはなさそう。

腸の中で乳酸菌など善玉菌の繁殖を助けてくれる整腸作用もあるので、便秘や下痢と言ったお腹の不調を改善してくれます。りんごダイエットなら体内に毒素が溜まらないので安心して痩せることができますよね。朝りんごならデトックスもできて一石二鳥ですね。

イギリスには「一日一個のりんごで医者いらず」ということわざがあります。毎朝りんごを食べるだけで、ダイエット効果だけでなく肝機能や免疫力を高めてくれる効果もあります。

果物に含まれるブドウ糖や果糖などの糖分は吸収が早く、

ずぐに脳や体のエネルギーになるので活力が
必要な朝にはぴったりです

なぜ、「朝」=「金」なの??

その理由は、りんごの栄養素にあります。まず一つめは【果糖・ブドウ糖】。どちらも、りんごはもちろん果物にたっぷり含まれる糖分の一種です。この二つの糖分はどちらも体への吸収が早く、すぐに体や脳を動かすエネルギーとなります。眠った体を起こし、スムーズに活動させるのにぴったりです

朝に摂ることで体の代謝をアップ&消化促進効果も

出典http://goo.gl/3ut01h

朝は活動開始とともに「排出」の時間です。だからこそ「朝」に酵素や食物繊維をたっぷり摂るのが効果的なのです。

朝食べると良いことばかりのりんごですが、夜食べるとどうなのでしょうか。
体への吸収が早い=エネルギーになりやすいということは、活動量の少ない夜に食べると脂肪になりやすいということなのです。

リンゴを食べる正しいタイミングは?

食事の“前に”フルーツを!

食事の“前に”フルーツを!
普通の食事が2~4時間かけて胃から腸へと届くのに対して、
果物は30分で腸へ届きます。

果物を先に食べると、
果物のもつ酵素の働きによって後から食べたものが消化されやすくなります。

そのため、果物を食べた後、
30分から1時間ほど時間をあけてから食事を摂るとよいでしょう。

デザートとして食べるなら時間をあけて!

食後すぐに果物を食べてしまうと、
先ほどまで食べていた食事の消化や栄養素吸収の邪魔をしてしまいます。

なので果物を食後に食べる場合は、
食後2時間以上あいだをあけてから食べましょう。

果物は“空腹”の時に“単独”で食べるのベスト。
フルーツに含まれる栄養、繊維、糖分が吸収しやすくなる。
また、空腹時に摂取した果糖は
すぐにエネルギーに変わってくれるので太る心配もない

果物を食べた後は、
最低でも40分は間をあけてから他の物を食べるとよい。

りんごを食べて綺麗になろう! しかしいつ食べてもいいって訳ではありません。食べるタイミングがあるんです!朝が最も効果的!りんごポリフェノールとりんごペクチンの成分が含まれています。これらには女性の美容をサポートしてくれる成分です。その成分を効果的にするために朝がおすすめです!

最近のこだわり朝フルーツ(´ω`)♪ 今日は、りんごとオレンジ。*

朝からりんご丸かじりスタイル。。砂みたいにパサパサしててまずかった!日本のりんごは優秀なことがわかった。。 pic.twitter.com/P6z7dUYPBS

鬼寒い。無理。笑 早起きすぎた今日。4時ってなんだよ。笑 まあいいや久しぶりに朝ツイート出来ると思ってプラスに捉えよう にしても寒い指もげるて。笑 俺も朝りんご食べたから画像はこれにしよう。笑 今日は頑張ろう。 pic.twitter.com/eLddkNkvU2

1 2