食事の“前に”フルーツを!
普通の食事が2~4時間かけて胃から腸へと届くのに対して、
果物は30分で腸へ届きます。

果物を先に食べると、
果物のもつ酵素の働きによって後から食べたものが消化されやすくなります。

そのため、果物を食べた後、
30分から1時間ほど時間をあけてから食事を摂るとよいでしょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

朝りんごは「金」りんごは朝食べるいいと言われる驚きの効果とは?

英国には、「朝は金なり、昼は銀なり、夜は銅なり」という言葉があります。これは一日のうちで果物を食べるのによい時間帯を、オリンピックのメダルと同じく3段階評価したもので、果物は朝食べるのが最も体に良いというわけです。

このまとめを見る