1. まとめトップ

イタリアの経済新聞イル・ソーレのインターネットサイトによりますと、ローマ法王フランシスコはメッセージの中で、アメリカとサウジアラビアの間で締結された1100億ドル相当の武器取引契約には直接言及しなかったものの、超大国を兵器売却による利潤追求主義や好戦主義のかどで強く非難しました。

このビデオメッセージは7ヶ国語で発表されており、爆弾の爆発音や銃撃音とともにローマ法王の肉声が収録されています。

ローマ法王は、世界の武器製造国や販売国のほとんどが国連安保理の常任理事国である点を指摘し、「平和や安定が叫ばれると同時に、好戦主義や兵器の売却が広まっているという現象は、こっけいな矛盾の1つだ」と語りました。

また、特にアフガニスタンでアメリカ製の最大級の爆弾「全ての爆弾の母」が使用されたことを初めとする、世界での兵器の拡大を何度も批判するとともに、テロ支援の背後には武器の製造者や取引人が控えているとしています。

アメリカ、イギリス、フランスといった超大国によるサウジアラビアへの兵器の売却は、常に人権団体から強く非難されており、その理由としてサウジアラビア政府がこれらの武器によりイエメン国民を殺害していることが指摘されています。

ローマ法王の故ヨハネ・パウロ2世(John Paul II)が、既婚女性と30年以上にわたり親密な関係をもっていたことを示唆する手紙に焦点を当てたドキュメンタリー番組が15日、英BBC放送によって放映される

【#バチカン】故ヨハネ・パウロ2世、既婚女性と約30年の親密関係 英BBC[2/16] 2005年に死去したローマ法王の故ヨハネ・パウロ2世(John Pau… qw.ee/Fv8L pic.twitter.com/aEUOg7HbGG

ホセ・クーラ 作曲家と指揮(終) マニフィカト(クーラ作曲)は、教皇ヨハネ・パウロ2世が決定した祝賀と、妻が2度の流産を経て3度妊娠した時に書いた。最初の息子とマニフィカトは同時に誕生した。聖母マリアへの聖書の詩の讃美歌に由来する。 pic.twitter.com/K80vK6V52y

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する