アリの集団が長期間存続するためには、働かないアリが一定の割合で存在する必要があるとの研究成果を、北海道大の長谷川英祐准教授らのチームが16日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した

出典「働かないアリ、集団の絶滅防ぐ」…北大発表 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

決して無駄じゃない!集団の中に一定数の"怠け者"が必要な理由

部活や仕事などでは、必ずと言っていいほどサボり癖のある「怠け者」が存在します。これは、はたらきもののイメージが強い蟻社会でも同様だそうですが、それには厳しい社会を生き残る生物の「本能」が関係しています。

このまとめを見る