1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Crowley777さん

アラクネー/アラクネー(Arachne)

種族/Type 魔獣
蜘蛛にされた少女、転じて半蜘蛛半人の女怪。人間の頃は機織が得意。蜘蛛の糸の他、神経毒を持つ事が多い。
出典:ギリシャ神話

アルラウネ(Alraune)

種族/Type 植物
人型の根をを持つ薬草。根が美しい少女や小動物の形をしており、未来や秘密の事を教えてくれる。「謎を書かれたもの」「絞首台の小人」の意。
マンドラゴラの亜種。
出典:ドイツ伝承

イエティ(Yeti)

種族/Type 魔獣、妖精、巨人
雪男。白く長い毛に覆われ、猿のような顔の巨大な人型の怪物。非常に捕まえにくい場合が多い。
出典:ヒマラヤ伝承

インキュバス(Incubus)

種族/Type 悪魔、妖精
夢魔、淫魔。性的な魅力に溢れた淫乱な男性の魔物。淫乱な夢を見せて人と交わり、サッキュバスが人間の精液を集め、インキュバスが女性を孕ませる。「上にのしかかるもの」の意。
出典:ヨーロッパ伝承

インプ (Imp)

小悪魔、または性悪な小妖精。角、蝙蝠の羽、尖った尻尾を生やした、痩せ捻くれた小人。邪悪な魔法使いや僧侶の使い魔によくなる。「接木」の意。
出典:ヨーロッパ伝承

ヴァルキリー/バルキリー(Valkyrie)

種族/Type 神族、精霊
戦乙女。天馬に乗って戦場を飛び、勇者の魂を集める半神の女神。真の勇者のみを天上の戦場へ招くと云う。「戦死者を選ぶ女」の意。
出典:北欧神話

ヴァンパイア/バンパイア(Vampire)

種族/Type アンデッド
吸血鬼。生者の血液を糧とし、血を吸った相手を自分と同じ吸血鬼にしてしまう。動物への変身、恐怖や魅了の視線を持つが、聖印や日光、ニンニクに弱く、流水を渡れない等、弱点も多い。
出典:ヨーロッパ伝承、ドラキュラ

ウィル・オー・ウィスプ(Will-o-Wisp)

種族/Type 精霊、アンデッド
夜にゆらゆら輝く青白い光の塊。鬼火、人魂。森、沼や墓場に現れ、着いていくと底なし沼等危険な場所に迷い込んでしまう。「一掴みの藁(松明持ち)のウィリアム」の意。
出典:イングランド伝承

ヴリトラ (Vrtra)

種族/Type 魔獣
神食いの巨大な悪竜。旱魃の象徴。ヴァジュラ(金剛杵)によって倒された。「障害」「宇宙を塞ぐ者」の意。
出典:インド神話

ウロボロス (Ouroboros/Uroboros)

種族/Type 魔獣、神族
自身の尾を噛んで輪状になった蛇またはドラゴン。
「死と再生」「全にして一」「無限」「永遠回帰」「完全」「調和」等、多くの象徴。「尾を飲み込む蛇」の意。
出典:ヨーロッパ古代思想

1 2 3 4 5 6