1. まとめトップ
  2. 雑学

誰もが知りたい死ぬ瞬間!臨死体験ってどんな感じがするの?

臨死体験は実に多くの人が経験をしていて、体験者が多くの実体験を語っています。死後の世界がどのようなものなのか不安に思っている人も多いはず。死後の世界を知って安心して死ねるようにしたいですね。

更新日: 2016年11月28日

soutarou19さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 77541 view
お気に入り追加

臨死体験は多くの人が経験しています

一体死んだら私達はどうなるのでしょうか?体から霊が抜けるのか?誰もが知りたい不思議です。

多くの人は人間は死んだら無になるとか、天国に行くとか、極楽浄土に行くとか言っています。本当はどうなのか知りたくはありませんか?

死ぬとはどういうこと?

死んだら霊魂が体から抜けて霊の世界に行くと言われています。天国も極楽浄土も霊の世界であり、私達は死後その世界に行くのでしょうか?太古から人間の最大の悩みです。

死ぬということは基本的に自分の肉体が消滅することです。年をとるにつれて肉体は衰えて老いてきます。死ぬということは肉体の消滅と捉えた方が良いかもしれません。肉体は消滅しても霊魂は存在する。肉体の現実世界ではなく、霊魂の世界に旅立つのだと思っています。

「死とは『私』がほどけていく過程なんです。暑いのも、苦しいのも、痛いのも『私』であり、その『私』がどんどん変性しながらほどけていく。

人は必ず死ぬ。しかし、死を考えることは、生と向き合うことでもある。漠然と“死が怖い”と思っている人にとって、少し気持ちを楽にしてくれる本かもしれない。

@_ItiGoMirUKu__ 怖い怖い怖い。まぁでも死ぬときは死んじゃうからねぇ…だから今が大切なんだよ(*´ω`)

今の俺には死ぬなんてことは許されてないし、死にたくないって言ってるくらい死ぬのが怖いし と、言っても生きていたって仕方ないって思う時あるし、つまりは 生まれてこなけりゃ 生きる恐怖も死ぬ恐怖も 生きる不幸も死ぬ不幸も 生まれないのだから なんて馬鹿みたいなことを

臨死体験をした人の証言

世の中には臨死体験をした人が多くいます。臨死体験ってどのようなものでしょうか?

臨死体験をした人の中には、現実世界とは信じられない世界を体験した人が多くいます。あの世の世界は、やっぱり現実の世界とは全く異なった世界なのでしょうか?現実世界が厳しく辛い人にとっては、死後の世界はやっぱり非常に興味があり魅力的に映りますね。死ぬことに関してそれほど絶望的になることはないのかもしれませんね。

多くの証言で死ぬと自分が体から抜けていくと証言しています。自分自身の個人は存在するみたいですね。

臨死体験をした人の証言では、人間は死んでも意識がキチンと存在し、現実世界を見ることが出来る人が多くいます。また霊界の世界で様々な事を知ることが出来、まったく怖い世界ではないと言います。そんなに怖がることはないかもしれません。

倒れた自分の体を上から白い光に包まれて観ていたという。そして、次に現れたのが宙に浮いた階段を登っている自分だったという。その階段は、幻想的なまでに美しくブルーの光の階段へと変化し、

空の建物へトニーは入っていったという。

ある1人の男性も、「心停止中に自分の体を部屋の隅から見ていたようだった」と証言しました。
3分間意識不明で「氏」のような状態であったにもかかわらず、ソーシャルワーカーはそのような証言を引き出したのです。

臨死体験中には死んだ親族などの姿が現れる。レイモンド・ムーディが「光の人物(フィギュア)」と名付けたこの現象については、臨死体験で蘇生した者のみならず、臨終を迎えた者に一定の割合で起こると結論した研究もある。

死後の世界では先に逝っていた父や親友と感動の再会をし、ありのままの自分を丸ごと受け入れてくれる大いなる愛と光につつまれる幸福感を味わった。そして、その時、彼女はなぜ自分がガンになったのかが分かったのだという。

昔、一回死んで戻ってきた爺ちゃんは、臨死体験的に白い光に包まれる夢を見ていたと聞いた事があるが、割と一般的な臨死体験だ。いずれは夢を科学的にコントロール出来ると言うが、夢を見ると、自分は現実の今の自分がベースになっている夢しかないのは不思議である。

なぜ死ぬのか死とは何か死んだらどうなるのかって哲学的に事調べてて臨死体験に行き着いた、過去に死んだ友人や家族と会い会話までしたり暗闇から光を見たりいろいろ。俺も臨死体験したいなー久しぶりにおばあちゃんに会いたいなー。小学低学年の時に死んだっけ、もう声も覚えてないや

学者はこう言っている

死後の世界を研究している学者の人は多いです。臨死体験は死後の世界を見ることが出来る最高の方法だそうです。

学者の中でも死後の世界破損時市内とする人と、死後の世界は存在する人に分かれています。学者は現実主義の人が多く、多くは否定的でしたが、近年は死後の世界の実在を信じている人が増えているようです。

自分の記憶に存在しない死者と出会うことができる世界――それは「死後の世界」しかないとアレグザンダー医師は確信したのです。

死後の世界実在説者は、臨死体験は死後の世界の証明であると主張しています。
臨死体験は死後の世界の証明だと言う説を一般的にした人物として、エリザベス・キューブラー・ロスとレイモンド・ムーディーの二人があげられます。

宗教はこう言っている

宗教はあの世の世界の存在を古来から肯定してきました。それが宗教の大きな影響力の1つですね。

宗教は多くの人に死後の世界を提示してきた団体です。死後の世界があることにより人間は幸せに生きていけるものとされています。そのために宗教を信じることで人生を有意義に生きることが出来るようです。

1 2





soutarou19さん

好きなことをコツコツとまとめて行こうと思います。
スポーツ観戦や釣りが趣味であります。
多くの人に楽しんでいただけるようなまとめを作りたいです。
よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう