1. まとめトップ

中国人が爆買いからの大きく変化した理由とは?

中国人は日本での観光によって爆買いから多くのことを学んだらしいです。

更新日: 2016年11月05日

1 お気に入り 1137 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nadja888さん

中国国内においても大きな変化が見られます

中国の人々が求めるサービスレベルも次第に高くなり、以前のような型にはまったマニュアル通りの対応では満足しなくなってきました。

日本から帰国した中国の人々が、土産話にする代表的な話題が「清潔さ」です。中でもトイレがキレイという話は、中国のトイレがキレイでないこともあって常に大きな話題となります。

「良いレストランかどうかは『トイレ』をみれば分かる」
(餐厅好不好 厕所“说了算”)

日本に来た爆買いの中国人観光客の間で人気だったのが「洗浄式便座」だったそうです。
これを使うと、もう元には戻れません^^
今後、中国国内においても、レストランをはじめ多くの施設において、洗浄式便座付きトイレが一般化されていくことでしょう。
加えて、日本式サービスを受けた中国人も全く同じで、中国国内においても、それを求めていくことになり、大きく変わっていくことでしょうね。

中国で日本式「おもてなし」は根付くか?

レジャー産業の需要が急拡大する中国では、今、海外のテーマパークの進出が相次いでいる。7月に青島にオープンしたテーマパークが差別化のため取り組んでいるのが「日本式接客」だ。

中国人のマナーの悪さに習主席もうんざりしていましたが

今、中国人観光客はマナーだけではなく大きく変化しようとしていることとは?

従来の中国人観光客のイメージにも変化が出ている。今後の中国人旅行者の中心となるのは、一人っ子政策の下1980年代から2000年代初頭に生まれた「ミレニアル世代」。
YWSデザインのロベルト・コッポラ氏は、高級ハンドバックは買うのに安宿に泊まってインスタント麺をすする親世代とは違い、彼らにとっては宿泊もレジャーの一部だと説明。観光バスから駆け下りて写真を撮って戻るという旅には満足せず、より深い文化的経験を求めており、いつもと違うもの、他にないもの、そして本物が、ミレニアル世代を引き付けると見ている。

訪日中国人、4年後に1140万人 「爆買い」も主目的ではなくなる!? 誘致の鍵は地方か?

日本では、中国人旅行者といえば「爆買い」のイメージが強かったが、この傾向はすでに変化しつつあるようだ。CLSAによると、中国人の海外旅行での主要な優先事項は、これまでずっとショッピングだった。しかし、外国文化の体験、魅力ある環境を楽しむこと、リラックス、視野を広げることが、ますます重要な目的になっているのだという。今後、日本の、特に地方の魅力をアピールしていくことが重要になるだろう。

中国人観光客をこれまで以上におもてなししましょう

中国人の間で地方がブームになる理由として、個人観光客とリピーターの増加、大都市での観光や買い物に飽きたこと、日本の地方文化(伝統文化)に興味を抱いていることなどが挙げられる。

地方都市でも効果十分 中国人観光客への神対応6つ
1. 求められているものを必要なだけ用意せよ
2. 「ここでしか買えないもの」を用意せよ
3. セット販売で売り上げアップを目指せ
4. 子供を狙え
5. 「大げさに」おまけを出せ
6. 白湯を用意せよ

以上はビジネスライクな書き方です。これをそのまま実行してもだめでしょう。
むしろ、敬遠されると思います。
ここに絶対に必要なことは「日本式おもてなし」です。
これを、こころから実行することで「神対応」になるのではないでしょうか?

中国人観光客は地方にフォーカスしています

1