1. まとめトップ

【夏が旬の魚】今が旬のお魚一覧。6月・7月・8月の食材選びに!

夏(6月,7月,8月)が旬のお魚をまとめました。気になった時にどうぞ。アジ、あなご、ハモ、うなぎ、ドジョウ、イサキ、イボダイ・エボダイ、イワシ、カジキマグロ、かます、カワハギ、カンパチ、キス、スズキ、トビウオの15種類です。

更新日: 2016年02月19日

18 お気に入り 652127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mrtksnさん

暑い夏が訪れたら・・・

暑い夏。魚の種類も多く、活動も広まり色々な魚が出回ります。
有名どころではアジやあゆでしょうか。
食べたい魚が多くなりますね。

まだまだ先のことではありますが、主に夏(6月・7月・8月)が旬の魚をまとめておきます。
時期が来たらみてみてはどうでしょうか。

【今が旬】6月・7月・8月の夏が旬のお魚

みんな大好きアジです。
塩焼きも良し、干しても良し。もちろん刺身も良し。
骨が多いのが難点ですが、食べ方さえ覚えれば綺麗に食べられますよ。

旬の時期:5~7月

うなぎ・ハモに似てます。
ニュルニュルしてて可愛いです。
蒲焼が美味しいですよね。うなぎにはできない寿司のネタにもなります。

旬の時期:6~7月

アナゴ・うなぎに似てます。
湯引きが一番の食べ方です!

旬の時期:7月・10月・11月

アナゴ・ハモと似てます。
スタミナ満点の蒲焼、いいですねぇ。
ちなみに土用の丑の日とは、夏バテ防止のためと勝手にウナギ屋が言い出したことなんだとか。

旬の時期:7月・10月~12月

見分け方のコツは、うなぎは淡水魚であることに対し、あなごやはもは海水魚であるため【川でとれる=うなぎ】です。また、うなぎは下あごが出ており、尾びれに丸みがあるのも特長です。

あと、うなぎにだけ鱗があるらしいですよ。

どじょう鍋は残酷ですが、美味しいです。
見た目も可愛い、ミニウナギみたい。

旬の時期:6,7月

スズキの仲間らしいです。
塩焼きが実に美味しいといわれています。

旬の時期:5月・6月

タラみたいな味らしいです。
塩焼きやバター焼きがうまいとのことなので、今度食べてみたいです。

粘液が出ているので煮つけには向いていませんが、粘液が出ているものほど新鮮なイボダイなのでお刺身でも食べられています。

え・・・粘液出てるのに刺身で食べるのか・・・。

すぐに痛んでしまうためであって、決してマンボウのように弱い魚ではないです。
食べ方は甘露煮が一番でしょうか。
骨が多い魚なので、骨まで軟らかくして骨ごと食べましょう。

旬の時期:6~10月

唐突な大魚ですが・・・
メカジキとかの総称らしいです。

旬の時期:6~8月

「カジキ」が正式な魚類の分類名で,スズキ目カジキ亜目に属する魚類の総称。

「メカジキ」はカジキの中の一種。他に「マカジキ」「クロカワ」「シロカワ」「バショウカジキ」などあり。
「カジキマグロ」はカジキの俗称。カジキはマグロではないので厳密には誤った名称。

カジキマグロって間違った名称だったんだ。

干物が美味しいらしいです。
こういう形の魚はどれも美味しいです。

旬の時期:6~8月、11月・12月

夏はアオカマス、初冬は脂肪の多いアカカマス。

つまり画像はアカカマスですかね。

熱帯魚みたいな背びれしてます。何で食べると美味しいんでしょう。
カワハギの刺身にキモを乗せて食べると絶品ですよ。
初めて食べた時には感激しました。

旬の時期:6~8月

刺身が格別です。
白身魚が好きな人は絶対に美味しいと思うのではないでしょうか。


旬の時期:6~9月

素揚げかな。
夏のワカサギって感じですね。

旬の時期:6~8月

刺身でしか食べたことはないですが、漁師の人たちは煮つけによくするらしいですね。
スーパーだと刺身か、あっても切り身なので難しいです。

旬の時期:6~8月

トビウオなんて食べたことないです。
小骨が多いらしいので、なめろうなどにするといいらしいです。
ちなみに飛ぶ理由は大型の魚や鳥から逃げるためです。

旬の時期:6,7月

これでおしまいです。

夏が旬の魚、いかがだったでしょうか。
予想通り種類が多いですね。
夏はまだまだ先になりますが、楽しみ待っていましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。
春と秋と冬についてもまとめてありますので、よかったらみてみてください。

1