1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

なにっ!両手使えるのに…自転車にレインウェアは安全じゃなかった

昨年、道路交通改正法で自転車の取締が強化されレインウェアが人気になりましたね。そこに思わぬ落とし穴。レインウェアは注意が必要ですね。

更新日: 2016年05月01日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 85233 view
お気に入り追加

自転車運転、道路交通法改正で取締が厳しくなった。

悪質・危険な運転として、3年以内に2回以上摘発 された自転車運転者は有料の自転車講習の受講義務が発生することになったのです

雨の日…自転車で傘差し運転は危険!法律違反だよ

片手で傘をさしながら運転するということは、ハンドルを片手でしか持つことができないため、ハンドルを確実に操作することができないと判断されるからです。

道路交通法違反となります。~5万円以下の罰金

視界を塞いだり、雲底を不安定にする危険な行為。雨の日に傘を持って自転車を漕ぐことは絶対にやめましょう。

片手で運転は危険。
(安全運転の義務)第七十条

結果…レインウェアが売れた。自転車運転なら安心ですね

レインコートの売れ行き絶好調の秘密は今年6月1日から施行された 改正道路交通法の仕業 なんですね

罰金はほんとにバカバカしいのでレインコート、ポンチョ、雨具、合羽(かっぱ)などが人気になりました

6月1日に施行された改正道路交通法で、傘を差して自転車に乗り人身事故を起こすと「危険行為」に問われる可能性が出たからだ。

違った。…最近はレインウェアの事故が多発している

何よりも両手が使えるので便利なのがレインウエア。しかし、そんな便利な雨具が、1歩間違うと大惨事につながる可能性が指摘されている。

巻き込みなどの事故が多発しているとのことで、国民生活センターから注意喚起の情報が発表されました。

実際にけがをした人が60人おり、その原因は、駆動部への巻き込みや、周りが見えないことであることが分かりました。

レインウエアの運転の安全性が問題に。

原因は視界を遮るレインウェアフード(周りが見えづらい)

正直、カッパを着用すると視界が狭まるのに加えて後ろも振り向きにくいです。

雨に濡れない工夫が視界を悪くしているケースも。

ポンチョには、自転車のカゴまで覆うタイプがありますが、手元が見えないので、滑りやすい雨の日は危険です。

カゴまで覆うと前が見えづらいかも…

車輪に巻き込まれる。レインウェア(足元)やドローコード…

ポンチョやロングポンチョは前かごや荷台がない自転車では、裾が車輪と接触し巻き込まれる可能性があります。

裾がひらひらして、もしもこいでいる途中に、ポンチョが車輪に引っかかったら、転倒などして、大けがにつながる可能性もある。

カゴのドローコードが前輪に巻き込まれた。

泥よけなどが付いていない自転車の場合、ポンチョタイプのレインウェアは丈が長いため、タイヤと直接触れることも多く、巻き込みなどの危険があるようです。

強風でポンチョタイプは特にあおられる

強風などにより、丈の長いポンチョがめくり上がり、そのまま顔全体を覆ってしまうなどで、視界が塞がれることがあるようです。

突風が吹いて突然ガバッと顔にかかるなんてことを考えると非常に恐い

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう