1. まとめトップ

僕だけがいない街 登場人物まとめ

2015年11月号から連載開始したほか、2016年1月よりテレビアニメが放送中。また、同年3月に実写映画が公開予定!今注目のアニメ僕だけがいない街の登場人物まとめ!映画公開前に登場人物を覚えよう!

更新日: 2016年02月19日

1 お気に入り 9360 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

izyuさん

藤沼 悟 (ふじぬま さとる)

声 - 満島真之介(29歳)、土屋太鳳(10歳)
主人公。北海道出身。1977年3月2日生まれ

2006年5月時点では29歳で漫画家にデビュー後はなかなか成功せず、ピザ屋「Oasi Pizza」でアルバイトをしていた。人間関係は希薄。
リバイバル能力を持ち、過去を変えることができる。
通常は短い時間間隔でタイムリープが起きていたが、母親の死をきっかけに、意識が2006年と1988年を往復するようになった。

1988年に通っていた小学校は市立美琴小学校。

二度目のタイムリープにおいて、連続誘拐殺人事件の真犯人である八代学によって湖底に沈められ、長い間植物状態に陥る。

その後、目を覚まし記憶を取り戻した悟は、ケンヤらと協力し八代を追い詰める。

雛月 加代(ひなづき かよ)

声 - 悠木碧
小学校時代の悟のクラスメイト。北海道出身。1977年3月2日生まれ(悟と同じ日)

オセロが強い。
家は母子家庭で、母親とその愛人から虐待を受けている。
その家庭環境故に卑屈な性分となってしまっており滅多に言葉を発さず、クラスでは貧乏故に偏見を持たれている。
一度目のタイムラインでは、1988年に連続誘拐殺人事件の被害者となって、3月1日に死亡。一度目のリバイバルでは3月2日夜から3日未明の間に虐待死する。
二度目のタイムラインにおいて殺人事件から救出される。その後、杉田広美と結婚し一児をもうける。

片桐 愛梨(かたぎり あいり)

声 - 赤﨑千夏

2006年で悟と同じ店でアルバイトをしている女子高生。17歳。

悟のことを「尊敬できるお友達」と認識している。夢のため自立を試みている。親戚宅で寝泊まりしていたが、悟を匿ったため家を放火される。

藤沼 佐知子(ふじぬま さちこ)

声 - 高山みなみ

悟の母。2006年5月時点で52歳。

元テレビ石狩の報道部アナウンサーで洞察力が高く、心を読んでいるかのような発言をするため悟は頭があがらない。
愛梨が姉と見間違うほど外見が若いままである。
うっかり口を滑らせてしまったときに「冗談に決まってるべさ」という口癖がある。
1988年に起きた連続誘拐殺人事件では、報道が子供たちの目に触れてトラウマとならないように奔走した。
一度目のタイムラインにおいて、解決したとされていた事件の真犯人の正体(八代学)に気づくが殺されてしまう。

八代 学(やしろ がく)

声 - 宮本充
小学校時代の悟のクラスの担任教師。

明るく親身なために人気がある。
二度目のタイムラインにおいて連続誘拐殺人事件の真犯人であることが明かされる。

白鳥 潤(しらとり じゅん)

声 - 水島大宙
1988年時点で悟の友人であった近所に住む青年。

軽度の吃音症持ちだが、ペーパークラフトが得意。
朝4時から父親が営む弁当屋を手伝い、昼過ぎには街をブラブラしていたため、リバイバル前の悟からは無職だと思われていた。
1988年の事件の犯人として捕らえられ、死刑を宣告される。
「勇気を出して」が口癖で、悟の記憶の中の名前は「ユウキ」さんだった。

小林 賢也(こばやし けんや)/ ケンヤ

声 - 大地葉
1988年のクラスメイト。アジト仲間。

サッカー少年で、泉水小学校の友達とも親しい。観察眼が鋭いくテレビ石狩による事件の報道規制や、大人の意識をもっている悟の変化を見抜いた。

杉田 広美(すぎた ひろみ) / ヒロミ

声 - 鬼頭明里
1988年のクラスメイト。アジト仲間。

ファイナルファンタジーが好き。
外見が女の子のようで、一度目のタイムラインでは1988年に事件の被害者になって死亡。
二度目のタイムラインにおいて殺人事件から救出される。その後、雛月加代と結婚し一児をもうける。

カズ

声 - 菊池幸利
1988年のクラスメイト。アジト仲間。

シューティングゲーム好き。
男気のある豪快な性格で、少しおせっかいなところもある。

1 2