1. まとめトップ
  2. ガールズ

綺麗に塗れない、パンダ目になる…マスカラを使う際のNGポイント

女性にとって日々欠かせないメイクアップアイテムですが、中でも手放せないのがマスカラですよね。でも、ダマになったり、気付けばパンダ目になったりすることもありますよね。それ、実は使い方のせいかも知れません。マスカラのNGな使い方をまとめてみました。

更新日: 2017年06月10日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
203 お気に入り 103047 view
お気に入り追加

▼アイメイクに欠かせないマスカラ。

女性にとって日々欠かせないメイクアップアイテム。その中でも女性が手放せないのがマスカラ。

▼でも、ダマになったり、パンダ目になったりしませんか?

毎日何気なく塗っているけど、ダマになったり、パンダ目になったり…。パッチリメイクがしたいのに、ボヤっとした印象になってしまったり…。

メイクの工程で、一番スリリングで神経を使う「マスカラ」。
まぶたにベタっとついたりダマになったり。手間取ってもたもたしていたら、クシャミが出て台なしになることもあります

▼マスカラをキレイに塗るって意外と難しいよね。

マスカラすぐ落ちる(°_°)くまがすごいみたいになってる(°_°)

マスカラするの苦手なため、マスカラなしのメイクとなっております。

□でもそれ、実は使い方が間違っているのかも…!

▼マスカラのブラシを何度も上下させる。

ガシャガシャと慌ただしくブラシを上下させていませんか?容器の中に空気が入ってしまい、乾燥して固まる原因になりますので、中でくるりと回してブラシに液をからませるようにしてからゆっくり出しましょう。

ブラシに液をたっぷり絡めるために、マスカラを上下に思いっきりシャカシャカとしごいている方、それはNG行為です。

ボトルに何度もブラシを上下させて押し付けると、
空気が入って液がかたまったり、乾燥しやすくなります。

▼ブラシの先を拭いていない(マスカラ液が多すぎる)。

一度ついたマスカラをいらない部分だけ取るのはけっこう大変ですから、あらかじめ必要な分量に調節することが上手にぬるコツです。

▼マスカラ後にビューラーを使っている。

ビューラーをかけてからマスカラを塗ると、まつげの上がり具合が足りなく感じたり、マスカラを塗った瞬間に、まつげのカールが無くなってしまったりします。

ビューラー → マスカラ の手順が正解で、
マスカラ → ビューラー の手順は不正解

マスカラを塗ってからビューラーをかけると、
まつげが切れてしまったり、抜けてしまったりする原因となる

マスカラを使用する前に必ずアイシャドウを塗っておきましょう。マスカラにアイシャドウが付着すると塗り直ししなければなりません

▼鏡を正面から見ている。

1 2





lulu0803さん