1. まとめトップ

【ビタミン温存】失敗したくない人へ レンジ蒸し野菜のレンジ加熱時間一覧

野菜を茹でると時間もかかるし、栄養が抜けてしまいます。レンジで調理すれば、栄養も抜けにくいですし、時短にもなります。加熱時間は食材によって異なるのでまとめてみました。

更新日: 2016年03月16日

5 お気に入り 3839 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Na-Hさん

茹でると栄養が溶け出してしまう

野菜に多く含まれているビタミンBやビタミンCは水に溶けやすい性質を持っています。
なので、野菜を茹でるとビタミンが減少してしまいます。

レンジ調理すれば、短時間で急速に加熱ができ、栄養を損ないにくくなります。
例えば、ビタミンCが多いブロッコリーの場合、鍋でゆでた時よりも1.5倍の量のビタミンCが残ります。

レンジで加熱する時間がわからないとうまくいかない

じゃがいもなんてシャリッシャリになってしまったり…。
レンジで上手に加熱できるように一覧表にまとめました☆

じゃがいも

100グラム(中ぐらい)一個の場合
皮つきのままラップをして、3分半から4分レンジでチン。(500Wだと思います)
熱いので5~10分放置。
それから皮を付近やキッチンペーパーで剥く。
皮がするんととれるので気持ちいいですよw

にんじん

100グラムのにんじん(小)一本の場合。
皮を剥いたにんじんを耐熱容器に入れて大匙1の水を入れて、ラップ(蓋でもOK)をする。
500Wで2分加熱。
水を入れるのでパサつきません。

キャベツ

レシピはナムルですが、サラダにも胡麻和えにもOK。

300グラムのキャベツ。
洗ったキャベツを食べやすい大きさに切る。
耐熱ボウルにキャベツを入れてラップをし、レンジで600W2分半。

小松菜・ほうれん草

小松菜orほうれん草一束の場合。
水洗いし、根本を切り落とす。
半量を取り、向きを反対にします。(全体に同じように熱が入るようにするため)
それをラップで包む。(横もしっかり包む)
お皿などに載せ、レンジ強(500~600w)で1分半チン。
ラップごと冷水に入れ、ラップを剥がす。(湯気でヤケドしないため)

もやし

ナムル、中華サラダなどにアレンジできます。

もやし一袋の場合。
洗ったもやしを耐熱容器に入れて料理酒大匙1をふりかけ、ラップをする。
レンジで600W3分チン。

かぼちゃ

1 2